県岐阜商がじわじわと加点して東邦を突き放して8回コールド勝ち



7回の県岐阜商、加納君が3点目のホームイン

 前日の1回戦では、苦しみながらも加藤学園に逆転勝ちで進出してきた東邦。前評判の高い岐阜県1位の県立岐阜商にどういう戦いを挑んでいくのか注目された。

 県立岐阜商は昨秋に続いての出場となったが、準優勝した前チームからの経験あるメンバーも多く残っている。そういう意味では、経験値も大きいと言えようか。

 県立岐阜商は初回、先頭の中西君が右線へ三塁打するとその後は東邦の知崎君の踏ん張りで2者連続三振となったが、4番高木君がしぶとく一二塁間を破って帰した。鍛治舎巧監督も、「あれはいい形の1点だった。あそこで結局打てないで無得点になるとずるずると行く可能性もあった」と、まずは先制したことを評価した。

 その後は、県立岐阜商としてもいくらか攻めきれないというところもあったようだが、5回に死球の湊君を一塁に置いて、1番中西君が今度は左中間に二塁打して帰した。中西君は初回のチャンスメーカーに続いて今度はタイムリー打と活躍した。

 さらに7回には四球と7番山本君の右越二塁打で二三塁として、犠飛と2番宇佐美君の二塁打で追加点を奪った。こうして、じわじわと東邦を離していくのだが、8回には失策や捕逸もあって、最後は満塁でこの日当たりまくっていた中西君の4本目の安打で7点目を奪ってコールドゲームとした。

 野崎君は結果的には完封ということになったが、「決して調子がよかったというものではなかった」というように、3者凡退は立ち上がりの初回のみ。4回には、無死から3連打を浴びるなどしたが、牽制球で走者を刺すなどで何とか凌いでいた。鍛治舎監督も、「野崎は、悪いなりにもよく我慢して投げたということでしょう。気持ちが充実しているので、何とか投げられたのでしょう」と見ていたが、ピンチの凌ぎ方と冷静さは、やはり経験値の大きさもあると言っていいであろう。

 前半は食いついていたが、じわじわと離されていった東邦。山田祐輔監督は、「知崎にすべてを託していたので、仕方がないですね。向こうの打撃が1枚上だったということでしょう」ときっぱりと負けを認めていた。そして、「負けるときは守備のミスやバントで送れないというようなミスがあります。それが出てしまうとこういうことになっていきますね」と、結果を受け止めていた。

 そして、ポイントとしてはやはり4回、1番三浦君から金森君、内田君と3連打していながらも1点も奪えなかったというところだったと認めた。また、山田監督自身も、初めての大舞台となって、そこでの采配や動き方なども、体験したことで改めて伝統校を率いていくことに身を引き締めていた。

(取材・写真=手束 仁