好投手を攻略した大阪桐蔭がコールド勝ち



3回表に3ランを放ち、ベンチに戻る宮下隼輔(大阪桐蔭)

 昨秋の近畿大会決勝と同じ組み合わせが準々決勝で実現。大阪桐蔭がプロ注目の右腕・達 孝太(2年)を攻略し、昨年のリベンジを果たした。

 先制したのは天理だった。1回裏に1番・内山 陽斗(2年)がレフトへの三塁打で出塁すると、二死後に4番・瀬 千皓(2年)が右中間に適時二塁打を放ち、幸先よく1点を先制した。

 昨日に続く連投となった達は1、2回ともに三者凡退に抑える上々の立ち上がり。しかし、2巡目に入ると、大阪桐蔭打線が達に襲い掛かる。

 3回表に二死一、二塁のチャンスを作ると、2番・野間 翔一郎(2年)の中前適時打で同点とすると、続く3番・宮下 隼輔(2年)がレフトに3ランを放ち、勝ち越しに成功。この一発で流れが大阪桐蔭に傾いた。

 ビハインドを許した天理は4点を追う6回裏に無死一、二塁から2番・堀内 太陽(2年)の2点適時二塁打で2点差に詰め寄ったが、大阪桐蔭の攻撃を止めることはできなかった。7回表の大阪桐蔭は疲れの見え始めた達に対して打者10人で6安打6得点と打線が爆発。その裏の天理の反撃を1点に食い止め、7回コールド勝ちを収めた。

「達君は長身で真っすぐも速く、落ちる球もいいので、どれだけ自分たちのスイングができるかというところで、なかなか1周目は上手く打てませんでしたが、2周目は上手く修正できたと思います」と振り返った大阪桐蔭の西谷浩一監督。独特の角度のあるボールに苦戦しながらも2巡目以降にしっかり対応してきたのはさすがと言えるだろう。達も決して悪い投球ではなかったが、ボールを見極め、好球必打を徹底した大阪桐蔭打線が一枚上手だった印象だ。

 これで2年連続のセンバツ出場を確実にしたが、西谷監督はこれで満足するつもりはない。

「今年は春と夏と大会ができていないので、大会を1試合でも多くやりたいと思っています。今日、勝てたことも嬉しいですけど、土曜日に試合ができることもありがたいと思います」

 公式戦を戦うことでチームは成熟度を高めていく。教え子たちの成長させるために次の試合も全力で勝ちに行く構えだ。

(取材=馬場 遼)