市立和歌山・小園がライバルを完封!2年ぶりの甲子園出場に大きく前進



小園健太(市立和歌山)

 新人戦、和歌山大会に続きこの秋3度目となった市立和歌山智辯和歌山の組み合わせ。過去2戦はいずれも市立和歌山が勝利していたが、この日も市立和歌山が譲らなかった。

 市立和歌山の先発はプロ注目の右腕・小園 健太(2年)。初回は先頭打者に四球を与えるが、後続を左邪飛と併殺に打ち取り、結果的に3人で相手の攻撃を終わらせる。

 対する智辯和歌山もエースの中西 聖輝(2年)。市立和歌山は連打と四球で一死満塁と中西の立ち上がりを攻めると、5番・田中 省吾(2年)への5球目が四球となり、押し出しで先制点を挙げる。さらに二死後から7番・吉見 和航(2年)が四球を選び、押し出しでもう1点追加。制球に苦しむ中西から2点を奪うことに成功した。

 立ち上がりこそ苦しい投球となった中西だが、2回以降は立ち直り、追加点を与えない。しかし、小園もカットボールやツーシームといった曲がりの小さい変化球で智辯和歌山打線に的を絞らせず、緊迫した投手戦が続く。

 智辯和歌山は6回表に二死三塁と反撃のチャンスを迎えるが、頼みの4番・徳丸 天晴(2年)がストレートに詰まらされて一邪飛と好機であと一本がなかなか出ない。9回表も3番からの好打順だったが、三者凡退に倒れ、反撃とはならず。完封勝利を収めた市立和歌山が4強に進出し、2年ぶりのセンバツ出場を確実なものにした。

「高校生だと曲がりが大きい変化球やスピードに興味が向きがちなんですけど、真っすぐに見える小さな変化球のキレが素晴らしい」と小園の投球を称賛した智辯和歌山の中谷仁監督。最速152キロという数字に注目されがちな小園だが、投球スタイルとしては速球でガンガン押すタイプではなく、変化球でタイミングを外しながら、ここぞという場面でストレートを投げ込む傾向にある。

 打者がストレートだと思ってスイングをしたが、実際には変化球だったという場面はこの試合でも何度か見られた。ただ球の速いだけの投手ではないからこそ、智辯和歌山のような強力打線を抑え込むことができるのだ。

「今のメンバー、僕の指導力では攻略できなかったので、夏にはやり返せるように何かやらないといけないなと勉強させられました」と話した中谷監督。同じ相手にこれ以上負けるわけにはいかない。春、夏でリベンジを果たすことができるだろうか。

(取材=馬場 遼)