京都国際が接戦を制し、選抜へ一歩前進!



 京都国際和歌山東による1回戦。どちらもシートノックから選手それぞれが軽快な脚運びで打球まで動き、正確かつ強いボールを投げ込む。握り替えもスムーズで次のプレーが速い。両チームともにきっちりと鍛え上げてきた高い守備力から試合を作るチームと言っていいだろう。

 両チームとも先発はサウスポーが上がる。京都国際は1年生エース・森下 瑠大和歌山東は背番号10を付けた山田 健吾が起用された。

 京都国際の森下は一塁側のプレートを使って、セットポジションから動き出していく。バランスよく右足を真っすぐ上げると、少し体をねじって軸足に力を溜め込むと、壁を意識して重心移動していき、左腕を最後に思い切りよく振り抜く。

 カーブやフォークに加えて、特に良かったというスライダーとチェンジアップの4つの球種の低めに丁寧に集めて打たせて取る投球でテンポよくアウトの山を築いていく。

 一方、米原監督が「練習試合で結果を出していました」と言うことで先発起用に至った山田はノーワインドアップから始動し、軸足を少し曲げた状態で重心移動をゆっくりとしていき、着地をして投げる瞬間に、一気に身体を回転。その勢いに合わせて左腕を振り下ろしていき、力強いボールを投げ込んでいるのが印象的だ。

 先制したのは京都国際。相手のミスで4番・中川 勇斗が出塁したところからチャンスを作ると、6番・森下が自らのバットでタイムリーを放ち、1点を掴んだ。

 テンポよくいきたい森下だったが、4回に和歌山東打線に捕まる。
 四球で出した4番・上代 真大を一塁において、5番・江川 日那太にタイムリーを許して同点。さらには8番・山田のスクイズなどで3失点。逆転を許してしまう。

 1対3のまま終盤に入り、追いつきたい京都国際は6回に4番・中川のタイムリーで1点を返すと、7回には8番・三浦 悠聖と1番・金田 大記の四球などで二死満塁を作る。

 ここで2番・植西 龍雅が勝ち越しとなるタイムリーを放ち、4対3と京都国際が形勢逆転。これで再び主導権を握った京都国際和歌山東に反撃を許さずにそのまま逃げ切った。

 試合後、勝ち越し打を放った植西は「アウトコースの真っすぐを打ちました。打った瞬間にわかりましたが、あそこで打てるかで試合が決まると思っていましたので、『絶対に打ってやろう』と思っていました」と執念で運んだ一打となった。

 今年の京都国際はエース・森下はじめ1年生が多い。だからこそ「近畿大会では2年生が頑張ろう」と声を掛け合ったとのこと。次戦は強豪・神戸国際大附が相手だが、どんな戦いを見せるのか。

 敗れた和歌山東はエース・田代 生成で逃げ切りを図ったが、上手くはまらなかった。しかし、勢いのあるフォームからはキレのあるボールが投げ込まれており、ボールの質は高かった。それだけに制球が乱れたのが痛かった。

 また打線ではポイントまで引き付けて押し込んでボールを運ぶ3番・高橋 竜悟など力のある打者はいた。今回の敗戦を糧に、和歌山東がもう1つレベルの上がったチームになっていることを期待したい。

(取材=田中 裕毅)