日大山形が逆転勝利で8強入り!8番・大類興雅が流れを引き寄せる同点2ラン!



同点2ランを放った8番・大類興雅(日大山形)

 「立ち上がりにヒットを打たれていないに点を取られましたが、1点を返したことで足がかりになりました。
 エースの齋藤が出てからは落ち着いた展開になって、勝ちにつなげてくれました」

 試合後、日大山形の荒木準也監督はホッとした表情で試合を振り返った。
 14日から開幕した秋季東北大会は、石巻市民球場の第2試合で日大山形弘前学院聖愛が対戦。試合は日大山形が鮮やかな逆転勝ちで準々決勝を決めた。

 暴投や押し出しといったミスもあり、序盤で3点のリードを許した日大山形
 だが、3回表に二死二塁から4番・浅利瑠良の中前タイムリーで1点を返すと、4回にはリリーフ登板した8番・大類興雅にツーランホームランが生まれ試合を振り出しに戻す。

 これで逆に流れを引き寄せた日大山形は、5回に7番・梅津康生の犠牲フライで勝ち越しに成功すると、6回には2番・秋葉光大にソロホームランが飛び出し試合を決定づける。

 投げては、リリーフ登板した齋藤固史が安定した投球で弘前学院聖愛を抑え込む。
 力のある直球を軸にアウトを重ねていき、序盤の3点以降は弘前学院聖愛は得点を奪うことができない。

 日大山形は、5対3で弘前学院聖愛を下して2回戦進出を決めた。
 日大山形の荒木準也監督は、「4回の大類のホームランで、試合を振り出しに戻したことが大きかったです。入りはバタバタしましたが、次は地に足つけてできると思います」と語り、次戦に向けても意気込みを口にした。

 日大山形は、準々決勝で東北と対戦する予定となっている。

 一方、敗れた弘前学院聖愛は、原田一範監督が「私のゲームプランのミス」と唇を噛む。
 5点は取れると思っていたと原田監督は明かすが、序盤以降は得点が奪えずに、またミスから失点を重ねる展開になり課題が残る試合となった。

 「すべてにおいて基本力を欠いていました。またミスで切り替えることができずに、メンタルで勝とうと言っている割にはそこで勝つことができませんでした」

 冬場は、基礎から鍛えていきたいと語る原田監督。春にはどんな成長を見せるのか注目だ。

(取材=栗崎 祐太朗)