2020年10月10日 富山市民球場アルペンスタジアム

日本航空石川vs高岡商

2020年秋の大会 第143回北信越地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

1年生の4番・内藤鵬が3安打4打点!日本航空石川が11得点5回コールドで準々決勝へ



1年生の4番・内藤鵬(日本航空石川)

 「打線は全体的に良くなっていると思います。昨年よりもゲーム感は少し落ちますが、打線自体は良いです」

 試合後、日本航空石川の中村隆監督は打線の状態を前向きに語る。
 富山市民球場アルペンスタジアムで行われた、日本航空石川高岡商の秋季北信越大会1回戦は、日本航空石川が力で押し切って準々決勝進出を決めた。

 同点で迎えた2回裏、日本航空石川は相手のミスから2点勝ち越しに成功すると、その後4番・内藤鵬のタイムリーでさらに追加点を挙げる。その後、さらに満塁から6番・伊藤健のタイムリーで2点を追加した日本航空石川は、守備のミスなどもありこの回だけで6得点。試合の主導権を握った。

 先発の百瀬遥輝は、コンパクトなフォームからキレのある直球を投げ込む右腕。
 「いつも通り要所を締めて投げてくれた」と話すように、直球も変化球も丁寧に低めに集めて、4イニングを4安打1失点としっかり試合を作った。

 その後も着実に追加点を重ねた日本航空石川は、10対1で迎えた5回裏に4番・内藤のサヨナラタイムリーで5回コールドが確定。11対1と大勝で準々決勝進出を決めた。

 試合後、日本航空石川の中村隆監督は「しっかりと(ボールを)絞って打てたと思います。大会までの2週間で、バッティングで修正してきた効果がでたと思います」と選手たちの戦いぶりに納得の表情。明日の準々決勝では、上田西と対戦の予定。次戦ではどんな戦いを見せるのか注目だ。

 またこの試合では、1年生の4番、内藤鵬が3安打4打点と活躍。
 初回にライト前への先制タイムリーを放つと、5回にもコールド勝ちを決定づけるタイムリー。
 北信越大会に向けては「逆方向を意識取り組んできた」と話し、練習の成果を見事に発揮した。180センチ、100キロの屈強な体格を持っており、ここまで通算4本塁打。今後も注目の選手だ。

 一方、敗れた高岡商は守備が乱れての失点に、吉田真監督も「これが実力です」と唇を噛む。
 怪我が多く出たこともあり、ここまで追い込んだ練習が出来なかったことが影響してしまったが、春に向けては「一から作り直しです」と気持ちを新にした。

(文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
興南、創成館など10日、11日に敗退し、選抜が厳しくなった有力校たち 【ニュース - 高校野球関連】
星稜、東京都市大塩尻らがベスト8へ!1回戦3試合を徹底レポート!【秋季北信越大会】 【ニュース - 高校野球関連】
鶴岡東vs日本航空石川【2020年甲子園高校野球交流試合】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第1008回 「冬の野球自由研究」春・そして夏の開花へ 県立城東(徳島)【野球部訪問】
第4回 時代の流れの中でも未だ衰えることなく健在の富山商vs高岡商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1回 新時代の幕開けを予感させた鹿児島!2019年の3大高校野球ニュースを発表!【鹿児島の高校野球】
日本航空石川vs北越【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
日本航空石川vs高岡商【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
履正社vs高岡商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
高岡商vs神村学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第655回 上田優弥(日本航空石川)「甲子園初アーチは右中間へ打ちたい」 【2018年インタビュー】
第616回 大橋修人(日本航空石川)「150キロとエースの座を追い求めて、すべての経験を糧にする」 【2017年インタビュー】
高岡商 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
第143回 北信越地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

高商 対 JAL石川 ⚾:⚾荷田蒼生子 2020.10.07
昨年の再戦だね
今度は必ず勝ちますよ
100%言いきります

近藤捕手、川島力さん二世(87年に一年でベンチ入りした)ですね。彼は大成しますよ

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る