2020年11月29日 宮崎北高校グラウンド

宮崎商vs宮崎北

2020年 練習試合(交流試合)・秋 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

宮崎商の今宮こと中村 碧人が今季ラストゲームで通算25号で締める!



高校通算25号を放った宮崎商の主将・中村 碧人

 11月も終わりとなり、2020年の高校野球の対外試合も今週末が最後となった。来春に向けて課題を明確にすべく全国各地で練習試合が開催されたが、宮崎北でも今秋の宮崎王者・宮崎商を招いて練習試合が開かれた。

 試合は宮崎商が2対0で宮崎北を下す結果になったが、スコア通りの緊迫の投手戦。まず光ったのが宮崎北の木下陽太である。

 セットポジションからすっと左足を上げると、少し体をひねって軸足に力を溜めてから重心移動。左腕でしっかり壁を作りつつも、着地すると巻き込むようにグラブを引き付けて身体を横回転させる。安定したフォームで宮崎商相手を被安打3にまとめる好投を見せるが、与四死球6つという結果は今後の課題となるだろうが、今後の成長が楽しみな投手だ。

 九州4強の宮崎商は攻めあぐねる形となり、我慢の時間が続いたが、そのなかで好投したのが先発の西原 太一と2番手・長友 稜太だ。

 九州大会でホームランを放つなど打者として活躍した西原はマウンドに上がると、角度を付けたストレートと落差のあるスライダーで宮崎北打線を翻弄。セットポジションからバランスよく立つと、スムーズに重心を前に運び、右腕を振り下ろしていく。テイクバックを工夫したことによって、肘を上げられるようになったとのことだが、最大の武器は伸びのあるボール。

 指揮官の橋口監督も「初速と終息の差が少ないです」と語るように、最速130キロ後半を計測するストレートの切れが光る。西原本人も武器だと自覚しており、リリース時は「押し込むイメージで投げています」とこだわりをもって投げている。

 2人目の長友も高身長右腕だが、西原と違いスリークォーター気味の高さから腕を振り抜く。スライダーなどを混ぜながら打者の打ち気を逸らしていく技巧派投手。まだ線が細いが、冬場のトレーニングを経てどのような投手になるか楽しみである。

 この2人の好投に応えたのが主将・中村 碧人だった。
6回二死一塁で打席が回ってくると、2ボール1ストライクから来た真っすぐをレフトへはじき返す。打球はぐんぐん伸びていくとそのままフェンスオーバー。投手戦の均衡を崩す高校通算25本塁打で2対0と宮崎商が先制した。

 練習からヘッドを立てるためにも最短距離でバットを出すことを大事にしているという中村。その結果、広角に強い打球が飛ぶようになり、バッティングに磨きがかかったそうだ。ここまではレフト方向へのホームランが多いとのことだが、身体が強くなれば逆方向へのホームランも出始めるのではないだろうか。

 このリードを8回から登板したエース・日髙 大空がきちんと抑えてゲームセット。2対0で宮崎商が制した。

 九州大会以来の対外試合だという日高。橋口監督も高く評価するコーナーを広く使ったピッチングが冴えわたり、宮崎北打線を封じた。総合力が高く、計算が出来る投手という印象を受けた。西原同様、最速130キロ後半を計測する日高もオフシーズンを通じてどのような投手になるのか。

 互いにヒット3本と引き締まった投手戦となり、投手を中心とした守備は手ごたえを感じたはずだが、やはり打線の奮起が今後の課題となるだろう。冬が明けて、両チームともにどのようなチームへ成長するのかが楽しみだ。

(取材=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
中日はドラ1高橋周平、ドラ2・京田が順調に成長。また社会人下位指名打者を大成させている強みも! 【ニュース - 高校野球関連】
【選手名鑑】U-15代表右腕や北の速球王などブレーク待たれる注目右腕10人を一挙紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
第157回 「緊張するような男じゃない」中学時代の恩師が知る中日3位・土田龍空(近江)のメンタリティー【恩師が語るヒーローの高校時代】
第30回 今年の顔から2021年の注目選手まで!2020年最も読まれたインタビュー記事TOP10を発表!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第30回 強豪校の練習映像多数!これまで視聴された高校野球ドットコムYouTube人気ランキングTOP10【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
享栄vs近江【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
福岡大大濠vs宮崎商【2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会】
神戸国際大附vs近江【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
近江vs綾羽【滋賀県 2020年秋の大会 秋季滋賀県大会】
享栄vs愛知【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
第1014回 チームの歴史を継承するために。近江(滋賀)は感謝の想いを持って頂点を目指す【後編】【野球部訪問】
第1015回 プロ注目右腕や超高校級の遊撃手・土田擁する5季連続県王者の近江など今年の滋賀県はタレント揃い【大会展望・総括コラム】
第1192回 超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】 【2020年インタビュー】
第1191回 世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】 【2020年インタビュー】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
宮崎北 【高校別データ】
宮崎商 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る