2020年11月22日 市立和歌山高校グラウンド

市立和歌山vs伊香

2020年 練習試合(交流試合)・秋 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

市立和歌山が20得点の猛攻!



市立和歌山4番・寺田

 市立和歌山伊香の第1試合は、中盤の集中打で伊香が6対4で勝利したが、2試合は逆に市立和歌山が猛攻を見せつけた。

 初回、市立和歌山は4番・寺田 椋太朗のレフトへのタイムリーで2点先取すると、2回には打者13人の猛攻。一気に7得点を挙げて9対0と試合の主導権を握る形になった。

 初回にタイムリーを放った4番・寺田は思い切りの良さが光るバッター。足をあげた時に、くっと軸足にタメを作りながらヘッドをピッチャー方向に傾けながらトップに入る。そこから軸でくるっと回転してボールを飛ばしていく。身体はあまり大きくはないが、パンチ力を持ったバッターだ。

 大量リードをもらった市立和歌山の先発は奥地。セットポジションから始動して、右腕がはっきりと見えるような大きなテイクバックが印象的なサイドスローの投手。低めにボールを丁寧に集める投球で、4回に2点を失ったものの連打を許さない。味方のリードをきちんと守って、試合の流れを渡さない。

 市立和歌山はその後、4回にも3点を加えると、5回には1番・大池のタイムリーで13対2と点差を広げる。大池は1試合目でも1番に座っており、この日は全試合フル出場。オープンスタンスで構えてすり足でタイミングを測ると、最短距離でポイントまで上から叩く。そこから軸回転で飛ばしていく思い切りの良さが光った。

 その後、市立和歌山は奥地から、縦回転で角度を付けたボールが光る武田。そして左腕でしっかり壁を作りながら、着地と同時に左腕を巻き込むように使って横回転させる楠山の継投で伊香を封じ込める。

 打線は終盤に追加点を奪い、気が付くと20得点。1試合目の接戦と違い、2試合目は市立和歌山の打線が爆発する形で伊香を下した。

 2試合を戦って結果は1勝1敗。メンバーを代えながらの試合となったが、ともに課題も収穫も出てきただろう。2020年シーズンも残りわずかとなり、練習試合も残り少なくなってきた。限られた実践の場でどれだけ課題を明確して冬に入れるか。一冬超えてからの成長を楽しみにしたい。

(取材=田中 裕毅)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2021年センバツ大会(第93回大会)の今後の日程と出場校候補一覧 【ニュース - 高校野球関連】
近畿地区の2021年は秋県準Vの東播磨に注目! 【ニュース - コラム】
第168回 近畿地区の2021年は秋県準Vの東播磨に注目!【高校野球コラム】
第165回 奥川クラスの活躍に期待!攻略困難な152キロ右腕・小園健太(市立和歌山)に注目!【高校野球コラム】
第1030回 センバツ選考も難航か 2020年もハイレベルだった近畿地区の2021を占う【大会展望・総括コラム】
第1298回 フォーム、変化球の感覚を自ら解説!小園健太(市立和歌山)の投球術に対する考えとは?【後編】 【2021年インタビュー】
第285回 2021年ドラフト候補 高校生期待度ランキング30 投手大豊作の世代で1位になったのは…? 【ドラフト特集コラム】
第1298回 「智辯和歌山撃破の要因となったピッチトンネル理論」世代No.1右腕候補・小園健太(市立和歌山)の進化【前編】 【2021年インタビュー】
第1023回 甲子園がなくてもハイレベルで激戦だった2020年の近畿地区【近畿・総括】【大会展望・総括コラム】
伊香vs市立和歌山【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
智辯学園vs市立和歌山【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
市立和歌山vs智辯和歌山【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
市立和歌山vs東播磨【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1102回 プロも強く意識した好投手・隼瀬一樹(伊香)の武器は空振りが奪えるストレート【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 21世紀枠候補校屈指の右腕・隼瀬一樹(伊香)の進化のきっかけは練習試合観戦【前編】 【2020年インタビュー】
伊香 【高校別データ】
市立和歌山 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る