都立日野が1勝1敗に持ち込むも、両チームの新戦力が活躍!



都立日野先発・松本蓮

 都立日野都立紅葉川のダブルヘッダー。1試合目は投手戦の末に都立紅葉川に軍配が上がったが、2試合目は都立日野が意地を見せる内容となった。

 初回、後攻の都立日野は1番・須佐凌賀のヒットでいきなりチャンスを作ると、5番・大内隆生と7番・森誠温のタイムリーで2点を先制。1試合目は打線が苦しんだが、この試合は幸先よく点数を奪った。

 直後の2回に1点を返されたものの、都立日野も相手のエラーで3対1とリードを広げる。

 都立日野の先発はサウスポー・松本蓮。怪我の影響で長いイニングを投げたのが初とのことだが、ノーワインドアップから始動していき、右腕で壁を作りながら重心移動。グラブを巻き込む形で引き付ける動作に合わせて、横回転で左腕をスリークォーター気味の高さで左腕を振り抜いていく。

 ランナーを背負ってからの投球は今後の課題だろうが、6回投げて2回にあったバッテリーミスと4回の都立紅葉川6番・平優樹のタイムリーで失った2点に抑える好投を見せた。

 秋の大会ではエース・木下が予選から踏ん張る投球を見せ続けてきた。春先に向けては投手陣に厚みを持たせられることも課題の1つだった都立日野。この試合で松本が好投したことで、「木下と肩を並べられるようになってくれればと思います」と嶋田監督も今後の成長に期待を寄せる投球だった。松本の活躍を楽しみに待ちたい。

 一時は3対2と都立紅葉川に1点差に詰め寄られた都立日野だったが、5回に3番・道祖土慎吾と4番・上野雄哉の連続二塁打で追加点を奪うと、6回と7回にも1点ずつを追加して6対2と試合を決定づけた。

 8回は互いに1点を取り合ったが、都立紅葉川はひっくり返すことはできず。2試合目は7対3で都立日野都立紅葉川に勝利する形となった。