2020年11月07日 健大高崎グラウンド

桐生第一vs樹徳

2020年 練習試合(交流試合)・秋 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ドラ1・木澤尚文の後輩・三塚琉生の活躍光る!集中打で勝ち越した桐生第一が樹徳下す!



桐生第一・三塚琉生

 群馬私学大会の2試合目は桐生第一樹徳桐生第一は秋の大会ベスト4で、対する樹徳はベスト8と1試合目に続き、群馬県を代表するチーム同士が対戦した。

 試合は樹徳が4回までで3点リードする展開で試合が動くも、桐生第一が5回に打者12人の猛攻を見せて一挙6得点と試合をひっくり返す展開。

 追いかける樹徳も6回と8回にそれぞれ1点ずつを加えるも追いつくことまではできず。桐生第一が6対5で樹徳を破り、樹徳は1敗1分という結果に終わった。ただ「2試合とも点数が開いたところから追いつけた」と井達監督が語るように、追いかける展開から点差を縮めることが出来た。

 最後まで諦めず追いかけていくスタイルは「元々要素はあった」ということ。ただ秋の県大会ではチャンスで打てなかった。そこを反省材料に意識にしながら打撃練習に打ち込んでいる。

 樹徳は全体を通じてしっかり叩く意識が見え、打撃に力を入れている印象を受けたが、「経験の差は簡単に埋まりませんが、オフシーズンに高い意識をもって今日の試合を良い経験にしていければと思います」と井達監督は語った。春先にどのような姿となっているのか。

 一方で勝利した桐生第一。5回の集中打で試合を決める形となったが、3番・三塚 琉生の活躍を見ていきたい。

 中学時代は今秋のドラフトで1位指名を受けた木澤 尚文(慶應義塾大)がOBにいる八千代中央シニア出身。同級生では千葉県内の強豪校へ進学する選手もいる中で、桐生第一の練習環境にひかれて、県外に飛び出して寮生活をしている。

 隙のないフォームから小さく足をあげてタイミングを測り、手前に置いたポイントに対してきっちり上からバットを出してボールを叩いていけるのが印象的。身長は180センチ台と身体のスケールも大きい1年生スラッガー。今後どういった選手になっていくのかが楽しみな選手だ。

(取材=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
渋い選手が多い87年世代。現役捕手は炭谷、松井雅のわずか2人に 【ニュース - 高校野球関連】
甲子園優勝投手、ドラ1経験者3名…今季独立リーグに入団する元NPB戦士の経歴が豪華! 【ニュース - 高校野球関連】
第168回 緊急事態宣言で練習時間の影響は必至。90分で11メニューをこなす都立小山台から学べること【野球部訪問】
第167回 高校通算35本塁打スラッガーから期待の1年生など群馬にいた8人の逸材【高校野球コラム】
第156回 巨人4位・伊藤優輔の高校時代を恩師が語る「中学の実績を一切書かなかった」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第162回 東京を盛り上げる都立の逸材。通算10本塁打以上の大型捕手、私学を破った好投手などタレント揃い【前編】【高校野球コラム】
第12回 「一夜漬けは絶対にしない」 都立で最も強い小山台の成績No.1のレギュラーが実践する勉強術【文武両道 ~部活と勉強の両立~】
健大高崎vs桐生第一【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs樹徳【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
都立小山台vs日大一【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
日大一vs都立小山台【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
日大三vs都立小山台【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1260回 4年ぶりの本指名となるのか?伊藤優輔(都立小山台出身)恩師の教えを胸にNPBの舞台へ駆け上がる!vol.3 【2020年インタビュー】
第1259回 リベンジに燃えた2年生の秋。三菱パワー・伊藤優輔(都立小山台出身)が全国デビューを果たすまで vol.2 【2020年インタビュー】
第1258回 最速153キロ右腕・伊藤優輔(都立小山台出身)が都立の星と呼ばれるようになるまで vol.1 【2020年インタビュー】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
第1208回 全国の舞台で見るものすべてに衝撃を与える打撃を!廣瀬智也(桐生第一)の夏にかける想い【後編】 【2020年インタビュー】
桐生第一 【高校別データ】
樹徳 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る