7回コールドで健大高崎が桐生第一下す!複数投手の今後の成長に期待!



桐生第一先発・神宮

 最終戦となった健大高崎桐生第一。甲子園交流試合に出場した強豪同士の一戦となったが、この試合でも健大高崎が初回からエンジン全開で攻めていく。

 初回、4番・小澤 周平のタイムリーに5番・森川 倫太郎のホームランで3得点。3回には7番・高村 尚杜のタイムリー。そして4回には6番・野中 駿哉にもタイムリーが飛び出すなど、7対0と桐生第一を大きく引き離していく。

 桐生第一も5回に1番・宮本らのタイムリーで2点を返すと、6回にも1点を追加して7対3と詰め寄ったが、健大高崎打線が黙っていない。6回に再び6番・野中にタイムリーが飛び出すなど2点を入れると、7回にも2点を追加して11対3。公式戦と同様に7回で7点差がついたため、ここでゲームセット。7回コールドで健大高崎桐生第一を下した。

 この試合でも強力・健大高崎打線が火を噴く結果となったが、1試合目同様に終盤では選手交代や、シート変更など選手たちを様々なポジションで起用した。

 青柳監督は、「今の時期はいろんな選手を試しながら競争させています。また複数ポジションが出来るようにできるような向上心も持たせてやっています」とコメント。

 また主将の小澤は「1勝1分けでしたが、各自が課題を見つけられたことは良かったかと思います」と振り返る。目先の勝利だけではなく、春以降に向けて選手それぞれが今回の試合で見つけた課題を成長の糧にしていくようだ。関東王者はさらなる高みを目指し、成長の歩みを止める気配はない。

 一方で敗れた桐生第一は、現在スタメンの多くは1年生が占める陣容。今泉監督は「力の差は歴然としている感じですね。1つ1つ勉強をしていきながら、これからどれだけ成長できるかです」と今後の選手たちの成長に期待を寄せた。

 そんな桐生第一で印象に残っているのが、投手陣の多さ。2試合合わせて5名の投手が登板。それぞれが自身の個性を発揮する形で首脳陣へアピールをする形となったが、健大高崎戦で先発した神宮は角度を付けた投球が光る本格派右腕。

 左足を真っすぐに上げて、重心移動をしていく中で、右腕を脱力させてゆったりとさせる。そこから着地と同時に一気に腕を引き上げていき、右腕を振り抜いていく。テイクバックが大きいのは気になるが、角度の付けたストレートに合わせて、鋭く変化するスライダーなど、今後の成長した姿がどうなるか楽しみな選手だった。

 2番手で登板した高川も角度を付けたボールが光るサウスポー。ノーワインドアップから動き出していき、上体は高くしながらもしっかりと踏み出す右足に重心を乗せて、縦回転のフォームから力強いストレートを投げ込んでいく。四球絡みでの失点は今後の課題となるが時折投げ込む緩いカーブでもタイミングを外しながら、武器であるストレートを駆使して健大高崎打線を抑え込んでいった。

 旧チームは宮下、蓼原の2枚看板だったところから複数枚となったことに「複数は必要だと思っていますのでしっかり鍛えて、失点をいかに抑えるかが鍵だと思っています」と今泉監督はコメント。

 打線強化も冬場に着手しながらだが、桐生第一が春先にどんな姿に生まれ変わるのか。今後の成長を楽しみにしたい。

(取材=田中 裕毅)