2020年11月03日 日大一グラウンド

都立小山台vs日大一

2020年 練習試合(交流試合)・秋 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

実力あるメンバーを起用した都立小山台。日大一は連勝とはならず



都立小山台・佐藤

 日大一が接戦をものにした第1試合。2試合目は両チームともメンバーを少し変えて開始。今度は都立小山台のペースで試合が進む。

 初回、都立小山台は3番・小佐野、4番・掛場のタイムリーなどで一気に4点を先取した。先制打を放った小佐野は少し上体が高いが、あまりテイクバックを取らずにトップを作ると、開けていた左脇を締めていきながらバットを走らせていく。時折突っ込み気味になっているように感じられるが、それを活かして見事な流し打ちをみせてくれていた。

 4番・掛場は背番号17で秋の大会のベンチに入った掛場は少しだけテイクバックをとってトップを作ると、上からバットを振り下ろすようにボールを捉えて打球を飛ばしていく。

 変化球への対応力を磨いていくことが今後の課題となってくるだろうが、フル出場で4打数2安打と結果を残したのではないだろうか。

 2回にも1点を追加して5点リードを奪った都立小山台。反撃をしたい日大一は5回、1番・澤田、3番・眞田のタイムリーで一挙3得点。3対5と2点差に詰め寄るが、反撃もここまで。

 7回に都立小山台の途中出場・栗原の内野安打で1点を追加して勝負あり。2試合目は6対3で都立小山台が日大一を下した。

 都立小山台は1試合目と変わって、2試合目は途中から多くの選手を起用。様々な選手が実戦の経験を積み、首脳陣へアピールをした。3番・小佐野、4番・掛場に加えて、1番・出口も足を活かした内野安打2本と結果を残した。

 その3人とともにアピールしたのは1試合目で先発し、2試合目でも最後を締めた佐藤だ。セットポジションからコンパクトに腕を使ってトップを作ると、力感を感じさせないフォームで右腕を鋭く振り抜いていく。綺麗にまとまったフォームからキレのあるストレートにスライダーなどを織り交ぜた。

 今年は木暮に注目集まるが、2試合を通じて佐藤をはじめ成長が楽しみな投手が多かった。一冬超えて成長するのが楽しみだ。

 またキャッチャーも良かった。途中出場の大森は二塁送球1.9秒をマークするなど、肩の強さが光った。森村という捕手が今秋の大会で目立ったが、他にも実力ある選手がいることを再確認できた一戦だった。

 一方の日大一は、2試合目もほぼ同じメンバーで挑み、連勝とはならなかった。1試合目で好投した佐藤(和)に続く投手。さらに守備でも2試合を通じていくつかエラーが出たが、その辺りは佐藤(和)主将も「冬場の課題です」と認識している。

 タイムリーを放った眞田をはじめ、野手陣がどれだけ成長できるのか。春以降、日大一が飛躍するカギは野手にかかっている。

(取材=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
今年の21世紀枠対決はプロ注目投手の対決? 【ニュース - 高校野球関連】
巨人にいる都立の星・伊藤優輔(都立小山台出身)の注目度が急上昇! 【ニュース - 高校野球関連】
第168回 緊急事態宣言で練習時間の影響は必至。90分で11メニューをこなす都立小山台から学べること【野球部訪問】
第156回 巨人4位・伊藤優輔の高校時代を恩師が語る「中学の実績を一切書かなかった」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第162回 東京を盛り上げる都立の逸材。通算10本塁打以上の大型捕手、私学を破った好投手などタレント揃い【前編】【高校野球コラム】
第12回 「一夜漬けは絶対にしない」 都立で最も強い小山台の成績No.1のレギュラーが実践する勉強術【文武両道 ~部活と勉強の両立~】
桐生第一vs樹徳【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
日大一vs都立小山台【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
日大三vs都立小山台【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
都立小山台vs帝京【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1260回 4年ぶりの本指名となるのか?伊藤優輔(都立小山台出身)恩師の教えを胸にNPBの舞台へ駆け上がる!vol.3 【2020年インタビュー】
第1259回 リベンジに燃えた2年生の秋。三菱パワー・伊藤優輔(都立小山台出身)が全国デビューを果たすまで vol.2 【2020年インタビュー】
第1258回 最速153キロ右腕・伊藤優輔(都立小山台出身)が都立の星と呼ばれるようになるまで vol.1 【2020年インタビュー】
都立小山台vs青山学院【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
第951回 都立唯一のベスト4・小山台に現れた強打の核弾頭・池本仁志が追求する「一番像」とは 【2019年インタビュー】
第729回 2018年の都立の星 吉岡桃汰(東大和南)「神宮球場のマウンドで投げたい!」【後編】 【2018年インタビュー】
都立小山台 【高校別データ】
日大一 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る