2020年11月01日 成立学園グラウンド

昌平vs成立学園 2

2020年 練習試合(交流試合)・秋 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

2試合目は細かな野球を見せた昌平。成立学園は2投手の成長に期待!



成立学園・村田

 第1試合は昌平が終盤に成立学園を突き放して勝利。昼休憩を挟み、第2試合が行われた。昌平はスラッガー・吉野 創士ら数名が連続で出場したが、成立学園はスタメンをほぼ変えずに2試合目も挑む陣容。

 昌平から白星を掴むべく2試合目に挑んだ成立学園だが、初回から昌平が猛攻。1番・赤川の内野安打を皮切りにピンチを作ると、ミスなどで昌平が2点を先取。さらに2回にはスクイズなどを決められ、3点目。3回、4回にも失点を重ねてしまい、成立学園は追いかける展開が続く。

 1試合目にはなかったセーフティースクイズや、相手の隙を逃さない走塁など、細かい野球を展開しているのが印象的だった2試合目の昌平。しかし黒坂監督に話を聞くと、新チームスタート時は、こういったセーフティースクイズなどの小技の練習に多くの時間を割いてきたとのこと。

 そうした点を踏まえると、2試合目は新チーム発足時より取り組んできた成果を存分に発揮する形になった。

 一方で追いかけたい成立学園だが、昌平先発・中村のボールを捉えきれない。セットポジションから真っすぐに足をあげて右腕をさほど下ろすことなく、小さく回すような形のテイクバックでトップを作り、右腕を振り下ろす。身体は横回転となっており上体は少し高いが、ボールには切れがあり、成立学園の各打者が捉えきれない。

 6回に1点を返したものの、7回に2点を失った成立学園。1対7で迎えた8回に1点を返したが勝負あり。2対7で2試合目も昌平成立学園から勝利を挙げる形となった。

 2試合目は序盤から埼玉王者の細かい野球に苦しんだ成立学園。しかしこの試合で登板した投手2人は今後の成長を楽しみにしたい選手だった。

 先発の小川はセットポジションから真っすぐ足をあげてバランスよく立つと、左腕を真っすぐにキャッチャーへ突き出して、身体をリードさせながら重心移動。少し突っ立ち気味ではあるが、縦回転のフォームから変化球でも真っすぐでもしっかりと腕を振り抜いていく。

 真っすぐを軸にしながらも、鋭く変化するスライダーも効果的に決まっており、昌平のバッターも空を切るシーンが何度もあった。スピードやフォームが今後の成長ポイントとなってくるだろうが、一冬かけてどのように成長していくのか。

 もう1人が1試合目で取り上げた村田。打者としてだけではなく、この試合ではリリーフでも登板。セットポジションから動き出していき、小さく右腕を使いながらトップを作っていく。投げ終わった後も流れることなく軸足でしっかりとパワーを受け止めきれる下半身の強さもあって、計測はできていないが、スピードが出ているのは間違いなく、ボールにも威力を感じられた。

 ただ時折突っ込み気味にも感じられる瞬間があり、ボールも浮いたところを痛打されるところもあった。ただスケールの大きさからして、投打においてチームを支える活躍を春以降するのではないだろうか。小川ともに、冬場を通じての成長を期待したい。

(取材・写真=田中 裕毅)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る