初出場同士の一戦は加藤学園に軍配!鹿児島城西の全国初勝利は後輩へ託される



肥沼竣 ※2019年11月17日の神宮大会より

 「気のゆるみがあった8回に甘いボールを打たれました。加藤学園が凄かったです」

 春夏通じて初の甲子園となった鹿児島城西。そこでエースとしてチームを牽引した八方 悠介が試合を振り返って語ったコメントだ。その八方を攻略したのが同じく春夏通じて初めて甲子園出場となった加藤学園。第1試合の興奮冷めやらぬ初出場同士の一戦はも1点を巡って緊張感ある試合展開となった。

 八方はセットポジションから左足をあげ、そこにグラブを一度当ててリズムを取る。そこから独特なテイクバックで右腕を引き上げていき、スリークォーター気味の高さから右腕を振り抜く。長い腕を鞭のように使って、140キロ台のストレートに130キロ中盤のスプリット。さらにツーシームを織り交ぜる投球。加藤学園から三振の山を築いていく。

 その一方で加藤学園肥沼 竣はワインドアップから始動。癖のない綺麗な投球フォームをしており、バランスがよく安定感のある投球。ストレートに縦のスライダーを投げ分けて鹿児島城西を打たせて取るピッチングを展開していく。

 前半は一進一退の攻防で両チームのスコアボードに0が並ぶ。どちらが先にホームを踏むのか、固唾をのんで見守った試合は6回、加藤学園が二死二塁から大村 善将のタイムリーで先制。試合の均衡を崩した。

 すると「切り替えられずにマウンドに行ってしまった」という鹿児島城西の八方を加藤学園が逃さず、8回に杉山 尊のランニングホームランで2点を追加。肥沼は9回に代打・砂川 侑弥のヒットとエラーで1点を許すも逃げ切り。加藤学園が3対1で鹿児島城西を下した。

 加藤学園は下級生がスタメンに4人が並ぶなど、甲子園を経験した選手たちが秋以降にどんな成長を見せるか。今後の加藤学園に注目をしたい。

 一方で敗れた鹿児島城西の八方は「甲子園での初勝利は後輩たちに託して、サポートをしていきたいと思います」と悲願は次の世代に受け継がれた。

(取材=田中 裕毅)