投打ががっちり噛み合った明豊!有終の美を飾って公式戦を終える



布施 心海 ※2019年11月17日の神宮大会より

 投打ともにチームを支えるタレントが揃う明豊県立岐阜商の一戦。日が暮れて少し涼しくもなってきた甲子園は熱い試合が繰り広げられた。

 先攻をとった明豊は「打って出塁すれば点になると思ってとにかく出塁を考えました」と二死から3番・布施 心海のセンター前からきっかけを作る。すると、4番・小川 聖太のライト線に落とす二塁打で布施が一気にホームに生還。明豊が先取点をもぎ取った。

 リードをもらった明豊の先発のマウンドには注目左腕・若杉 晟汰主将。昨年の選抜をきっかけに活躍すると、注目され続けたサウスポーだが、その威厳を発揮する投球だった。

 昨秋の神宮大会の時以上に力強く躍動感ある縦回転の投球フォームで、しっかりと振り切った左腕からは伸びのある130キロ中盤のストレートがコーナーに決まる。このボールの下をバットが通こともあり、いかにボールが伸びているのかわかった。

 さらには鋭く変化する120キロ台の縦のスライダーなどを駆使して、見逃しもしくは空振りを奪う。これ以上ない出来で、初回の県立岐阜商の攻撃を三者凡退。圧巻の立ち上がりを見せる。

 明豊打線は2回にも2番・宮川 雄基のタイムリーで追加点を挙げて3対0とした明豊。リードをもらった若杉は3回に県立岐阜商の8番・宇佐美 佑典、途中出場の松野 匠馬の連打でピンチを招くも、センター・布施の好返球などで6回まで無失点の投球。