天理の矛と広島新庄の盾は広島新庄に軍配!エース・秋田駿樹の巧みな投球術が強力打線を封じ込める!



秋田駿樹 ※2020年1月の野球部訪問より

 強豪ひしめく近畿地区を強打で昨秋を制した天理。核弾頭・下林 源太河西 陽路などのスラッガーが揃う。それに相対するのは中国地区でベスト4に入った守備が武器の広島新庄。2年生左腕・秋山 恭平などの投手陣を中心にリズムを作っていく。矛と盾の一戦は緊迫の一戦となった。

 それを成立させたのが、広島新庄のエース・秋田 駿樹だ。サウスポーの秋田は一塁側のプレートを使ってノーワインドアップから始動していく。右足を上げた時に少し体をひねり、なおかつ重心移動する際に股関節を引き込むことで、しっかりと下半身にタメを作った状態を作る。

 その力を無駄なく指先に伝えていき、スリークォーター気味の高さから脱力した左腕から130キロ台のストレートに大きく曲がるスライダーを投げ込む。

 序盤は高く浮いていたこともあり、2回に天理7番・田中 輝希のレフト前などでピンチを招き、味方のミスで失点。4回に広島新庄は1番・大可 尭明の犠牲フライなどで2対1と勝ち越しながらも、直後の守備でバッテリーミスで失点となかなか守り切れない。

 しかし次第に秋田の持ち味である低めに投げ込むことが出来るようになると、天理打者はバットが止まらず空振り。もしくは体制を崩された形でゴロやフライアウトが増えていった。ストライク先行でピッチングを展開できるようになり、広島新庄らしい守備からリズムを作る展開ができ始めた。