片倉・橋口拓海君

 最初の試合で先発した橋口君は、失策と四球で走者をためていきなり3番DHの山下 竜哉君(秀岳館出身)に左越本塁打されて3点を献上してしまった。しかし、それ以降の3イニングはきちんとコースを投げていって、「どこへ投げていけば、そんなには打たれないか」ということを確認しながら投げていた。ただ、5回は4番東君(瀬戸内出身)に右越2ランを浴び、6回も佐竹君に四球を与えた後、7番二ツ柳君(松本第一出身)には見事に右へ本塁打された。本塁打の前にはいずれも四球が絡んでおり、このあたり、コントロールに不安が出て、ちょっと甘く入ったところでことごとく持っていかれたということは、やはり力のあるチームには四球はより禁物だということを再認識したのではないだろうか。

 そんなことも含めて、6イニング投げた橋口君は、3発の洗礼を浴びながらも、勉強になったことはいっぱいあったはずだ。投げ終わった後は、日本ハムで活躍していた実績もある舟山恭史部長と、打者に対しての攻め方やどの球が効果的で、どこへ行くと持っていかれてしまうのかということを入念に確認していた。

「初回を持ちこたえられたら、何とか試合の形にはなるかなとは思うんだけれど」と、舟山部長もイメージしていたが、初回の3ラン以降は持ちこたえて、試合を作っていた。

 そして4回、拓大の2人目・岩崎晃太郎君(柳ヶ浦出身)に対して5番佐藤奏斗君が右前打で出ると、矢口君もエンドランを決めて一三塁。7番野口君が三遊間深いところに安打して1点を返した。さらにバントで2三塁まで進められたが、もっともセンスのある宮路君の一打は巧みに捉えたが左飛に打ち取られた。ここで、畳みかけられれば展開としても面白くなっていったのだろうが、やはりここ一番でのところでは大学生はビシャッと押さえてきた。さらに、拓大の3人目の左腕小越晴渚君(高松北出身)は切れ味も鋭く、「これは、普通の高校生ではなかなか手が出ないぞ」という感じだったが、3イニングで1安打のみで4三振を奪っていた。

 拓大は2試合通じて6人の投手がしっかりと3イニングずつ投げたが、驚くほどの投球を見せてくれたのは小越君だけだったが、2試合目では和田君(常総学院出身)が1安打、児島君(杵築出身)も1安打、綾部君(我孫子出身)は4安打喫したものの、大事なところでは2度併殺に切っているのはさすがだ。

 都立片倉は、2試合目を任された時崎君が初回、記録に残らない味方の拙守などで4点を失った感じだったが、以降は工夫しながら投げていかれ、学べたことも多かったのではないだろうか。ただ、7回から投げた期待されたジョンソン・マーカス太一君が、6人に投げて一死しか取れなかったのは誤算だった。急遽救ったのは二塁を守っていた麻野君だった。元々は外野だったというが、投手もやれるということと球に対する判断の良さもありセンスを感じさせた。今季の都立片倉では、この麻野君と中堅手として広い守備範囲と打球に対する反応の良さを示していた宮路君が光っていた。

 今年は、どのチームも実戦経験が少ない中で新チームがスタートして秋季大会に臨んでいかなくてはならない。それだけに、守りではキーとなる選手の存在が必要となってくるであろう。そういう意味では都立片倉は、守りの核は作れているのではないだろうか。

「ウチなんかは、これでも練習試合も組めているほうだと思う。ただ、例年のことを思うと、オレとしては今の時期の中で実践聖戦不足という気がしてしょうがないんだけれどもね」という宮本監督だったが、それでも投手陣もまとまりつつあるようで、ある程度「行ける」感触は得ているようだ。そうした中で、この日の大学生との試合で、選手それぞれが何かを得てもらえれば、それがまたチームとしての収穫ということにもにつながっていくのである。

(取材=手束 仁