打倒・近江のキーマン・森本修都が北大津相手に順調な仕上がりを見せる!



2試合目でマウンドに上がった森本修都

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 5日に北大津のグラウンドで北大津対光泉カトリックの練習試合が行われた。第1試合は光泉カトリックが7対6、第2試合は北大津が5対4でそれぞれ勝利した。

 今年のドラフト候補に挙がっている光泉カトリックの森本 修都(3年)は第1試合に4番中堅手として出場。一死二、三塁で迎えた1回裏の第1打席で初球をセンター前に弾き返し、先制の適時打を放った。

 四球、空振り三振の後、5対1でリードした場面で迎えた5回裏の第4打席では二死一、三塁から外角のボールに上手く対応。ライト線を破る2点適時三塁打を放ち、リードを6点に広げた。

 第5打席はレフトフライに倒れたが、4打数2安打3打点と4番としての重責を果たし、「調子が良いので、このまま維持していきたい」と好調ぶりをアピールした。

 第2試合では1点ビハインドの7回裏からマウンドに上がった。二死から三者連続四死球で満塁のピンチを招くも、ワイルドピッチで本塁を陥れようとした三塁走者が本塁でアウトになり、運良く無失点で凌ぐ。

 8回は変化球を交えながら三者凡退に抑え、2回を投げて無失点。「ずっと調子は悪かったのですが、今日は良い球も投げられていたので、これから頑張っていきたいです」と森本はこの日の投球を振り返った。

 身長188㎝、体重91㎏と恵まれた体格を持つ森本は昨年まで主に外野手として試合に出場し、昨秋からは4番を任されている。投手としてはなかなか結果を残せず、試行錯誤が続いていたが、左の肩甲骨を見て投げるというフォーム改善がハマり、昨年末に147㎞/hをマーク。これを機にプロを本格的に目指すようになり、5月の休校期間中には野球用品メーカーの測定で150㎞/hを計測した。

 打者としても高校通算17本塁打のスラッガーで、野手として評価するプロのスカウトもいるが、本人は投手でのプロ入りを希望している。「大谷 翔平選手のような右の本格派になりたい」と将来の目標を語っており、これからの成長が楽しみだ。

 高校最後の公式戦となる夏の独自大会では5季連続優勝中の名門・近江との対戦が決まっている。「先発で相手をねじ伏せられるようなピッチングをしたいと思います。打つ方でも4番になると思うので、大事な場面でランナーを返し、ホームランを打ちたいと思っています」と投打に渡る活躍を誓った森本。全国的には無名の大器が打倒・近江のキーマンとなりそうだ。

 一方の北大津は3年生が2人しかおらず、2年生主体のチーム構成となっている。エースで4番の上坂 真人(2年)ら楽しみな選手が多く、夏はもちろんのこと、秋以降の躍進にも期待したい。

(取材=馬場 遼)