2019年11月19日 明治神宮野球場

慶應義塾大vs城西国際大

2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

慶應大が盤石の強さを発揮!城西国際大を下し決勝進出



先頭打者本塁打を放った中村健人

 慶應大が盤石の強さを見せた。1回裏、慶応は1番中村 健人の本塁打で1点を先制。2回裏、8番瀬戸西 純の適時打、6回裏には3番柳町 達の適時打、7回裏には3点を追加した。

 慶応大は、先発・木澤 尚文が最速151キロのストレートを武器に5回1失点の力投。その後、増居 翔太津留崎 大成高橋 佑樹石井 雄也の継投リレーで1点に抑え、決勝進出。2000年以来の優勝まであと1勝となった。

 140キロを超える投手が多くそろい、打線は、巧打者、強打者がずらりと揃った破壊力は素晴らしく、過去10年の東京六大学代表のチームと比較してもその総合力はトップレベルのものがある。

 敗れた城西国際大も創部初の4強入り。1年生4番・浪川 広之、先発・舘和哉など主力選手が残る。話を聞いても上昇意欲のある選手ばかりで、来年の進化が非常に楽しみなチームだった。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る