2019年11月18日 明治神宮野球場

東海大vs中央大

2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

エラーが流れを断ち切ることを実感させられた一戦



好リリーフを見せた松山仁彦(東海大)

 18日の神宮大会、第4試合に登場したのは、初戦で東北福祉大を下した東海大。そしてこの試合が初戦となる中央大の2校。どちらも大学球界を代表する名門校の対戦。応援団が両校駆け付けるなど、熱気に包まれた神宮球場。

 注目の試合は序盤、中央大が3回に8番・古賀 悠斗が一死一、三塁から放ったセカンドゴロで1点。続く3回には四球を選んだ1番・中川 拓紀と、センターへ二塁打はなった2番・五十幡 亮汰を得点圏に置いたところで4番・牧秀悟がレフトへタイムリー。3回までで3点をリードした。

 ここまでは中央大が東海大を攻め立てる野球で、ペースを握っていた。しかし、中盤から一気に流れが東海大へ傾いた。

 中央大先発・皆川 喬涼を4回、2番・宮地 恭平の内野安打を皮切りに崩しにかかると、4番。海野 隆司が外のボールを逆らわずライトへ二塁打。二死二、三塁の場面で5番・小松 勇輝が体勢を崩しながらも風に乗った打球がセンターの頭上を越える三塁打。打った小松本人も三塁で雄たけびを上げる一打で3点差。

 これで東海大は勢いに乗り、5回には中央大2番手・藤井 大地から9番・竹内紘生の二塁打できっかけを作る。すると、1番・千野 啓二郎から3番・杉崎 成輝までの3連打。さらに相手のミスで一挙4得点。これで試合を決定づけた。

 投げては東海大先発・原田 泰成から引きついだ2番手・松山 仁彦が好リリーフ。左のサイドハンドの松山はセットポジションからすっと右足を上げてタメを作る。そこから重心を前に運び、少し左腕を押し出すようにして投げる。ストレートとスライダーが中心だが、丁寧に低めに集める投球でゴロアウトの山を築き、攻撃にリズムを作った。

 その後、東海大は9回にダメ押しの1点を入れて勝負あり。中央大を7対3で下して準決勝へ進んだ。

 一方、敗れた中央大は中盤、風の影響で取り損ねたフライがいくつかあり、失点につながった。ここで流れが悪くなり、試合の主導権を再び握ることが出来なかった。やはりエラーが野球においてどれだけ大きな影響を及ばすのか、改めて実感させられた。

(文=田中 裕毅)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る