2019年11月18日 明治神宮野球場

関西大vs金沢学院大

2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

関西大・森が投手戦を制する!金沢学院大・松井は今後注目の投手



関西大・森翔平

 18日の神宮大会第3試合、関西大と金沢学院大の一戦は、5対0で関西大が金沢学院大を下してベスト4進出を果たした。

 点差はついたが、スコア以上に緊迫した試合となった。それを成立させたのは関西大の先発・森 翔平と、金沢学院大の先発・松井友飛の2人の投手戦のおかげだ。

 関西大の森は左の本格派投手。最速149キロをマークする速球に緩急を利かせたカーブ、そして切れ味鋭い縦のスライダーを軸にピッチングを展開。セットポジションから始動し、上からしっかり左腕を振り下ろす投球フォーム。大きな癖がなく、実に綺麗なフォームをおり、金沢学院大の角尾貴宏監督も試合後に、「ボールの切れが良かった」と称賛を送った。

 一方で金沢学院大の松井は、2年生であるが身長189センチの大型投手。角度を付けたストレートに、カーブ、スライダー、チェンジアップ。そしてツーシームと多彩な変化球も持ち合わせる。力でも技でも打者と対戦ができる投手で、今後の成長が非常に楽しみなところである。

 その松井を関西大打線が捉えたのは2回、四球で出た4番・野口 智哉を二塁に置いたところで、8番・坂之下 晴人がライトに上手く流し打ち。これでランナーが生還して関西大が先制した。

 坂之下は高校は大阪桐蔭出身。関西大入学当初は目一杯スイングをして、長打を狙うことを考えていた。しかしコーチからの助言でバットを短く持つことを勧められて以降、ゴロやライナー性の打球を逆方向に飛ばすことを練習から意識してきた。その成果が1つ出た瞬間だった。

 関西大はその後、5回に二死二塁から2番・関本英実のレフトへの二塁打。そして6回には2番手・武並泰秀から6番・久保田 拓真のタイムリーなどで3点を奪取。5対0と試合の情勢を決めた。

 リードをもらった関西大の森は回が進むにつれてピンチを背負うことが増えてきたが、粘りの投球。9回途中で2番手・肥後 皓介にマウンドを譲り、完封とはならなかった。しかしきっちりゲームをコントロールした森の好投が光り、関西大が金沢学院大を下した。

(文=田中 裕毅)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る