2019年11月16日 明治神宮野球場

金沢学院大vs九州産業大

2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

序盤の劣勢を一掃、繋がる打線金沢学院大が逆転勝ち!!



金沢学院大ナイン

 前評判では、楽天D5位指名された福森 耀真を擁する九州産業大が一枚上の評価。福森は、北九州高で1年夏からベンチ入りを果たすも3年間で甲子園の土を踏むことは無かった。九州産業大でも1年春から福岡六大学リーグ戦で登板を果たす。最速は150㎞を優に超える怪腕。変化球も多彩でカットボールを中心にスプリット、チェンジアップなども持ち球として投球の幅を広げる。

 その評価を打ち崩したのは、金沢学院大打線の「次に繋ぐ打線」であった。

 だが、序盤は九州産業大ペースで試合が進んでいく。
先頭の栁内 一輝が四球で出塁すると、4番・揚村 彰斗のタイムリー二塁打などで2点を先制する。2回にも四球が絡み、3番・野口恭佑のタイムリーでさらに2点を追加。

 序盤の2回で4点を奪い試合を優位に進める。
後は先発の福森が抑えてくれる。そんな序盤の試合展開であった。3回までを2安打に抑え込む福森の投球は完璧に近く伺えた。

 しかし。福森の投球は4回に突如リズムを崩す。
金沢学院大の4番・村上弘晃にヒットを浴びるとそこから犠打を挟み5連打。この流れを止めることが出来ず福森はノックアウト降板。



九州産業大・福森耀真

 試合後、福森は「不完全燃焼です」そう答えるのも無理はない。
3回までは落ち着いた投球で、投げ込んでいただけに悔いの残る形に。なぜここまで打ち込まれたのか、それは右手に出来たマメの影響が大きい。

 「全て自分のせいで負けてしまった。チームメイトに申し訳ない」

 試合後、反省の弁を口にし目元が少し潤んだ。この悔しさをバネにプロ野球の道では、さらに技術に磨きをかけて力強い投球に期待したい。

 こうなると一気に金沢学院大が主導権を握る試合展開に。5回にも、九州産業大の2番手・舩越孝志朗から再び5連打を浴びせて8対4とひっくり返す。一度つながるとここまで打線に伝染していくチームも珍しい。

 金沢学院大・角尾貴宏監督は「投手の和田悠弥がチーム初安打を放ったことで勢いに乗れました。打線はとにかく次の打者に繋ごうという気持ちで選手がやってくれたと思います」、とよく繋がる打線を評価した。

 試合はそのまま、8対5で金沢学院大が九州産業大を下し神宮大会初勝利を収めた。

 とにかく打線が繋がり、大きい当たりから細かいことまで鮮やかな逆転劇。
角尾監督は、神宮大会初勝利という歴史を作った4年生を労いながらも、次戦の関西大に対してチャレンジャー精神で向かっていくと気持ちを切り替えた。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
遅れてきた大器・森翔平(関西大)。2年後はドラフト上位候補へ 【ニュース - 高校野球関連】
高校時代は0勝。189センチの大型右腕・松井友飛(金沢学院大)はロマン溢れる逸材だ 【ニュース - 高校野球関連】
第960回 中学生らしからぬ「大人な」好捕手・ 落合真洋(福岡ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第8回 侍ジャパン大学代表から見る投手と野手の成長度の違い【2015年 第27回 WBSC U-18 ワールドカップ】
九産大九産 【高校別データ】
第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る