質の高い打撃戦、中盤の長打攻勢で天理が3本塁打の仙台育英を下す



先発・庭野(天理)

 お互い、長打がことごとく得点に絡んでいくという展開の試合だったが、決して大味という印象ではなかった。今の段階で鍛え上げられた両校が質の高い打撃戦の末、効率よく長打の出た天理仙台育英を振り切るという形でベスト4進出を果たした。

 奈良県大会では3位ながら、近畿地区大会では報徳学園履正社大阪桐蔭という全国的な強豪を下していきながら優勝して5年ぶりの出場を果たした天理。その勢いは衰えていなかった。

 序盤こそお互いにに様子見という感じだったが、打順がひと回りしてからは活発に動き出した。

 まず天理の4回。二死一塁に失策で出た走者を置いて、この日5番に起用された瀬君が左翼席へライナーの2ランを叩きこむ。

 しかし、仙台育英もこれでエンジンがかかる。4回まで無安打に抑えられていたが5回、先頭の5番笹倉君が右線へ二塁打を放つと、続く吉野君が左翼席中段へ強烈な2ランで追いつく。このあたり、一発には一発で返礼という逞しさだった。こうして2対2で後半に入っていった6回、仙台育英は二死走者なしから山地君が四球で出ると盗塁。瀬君の内野安打で一三塁とし、続く河西君は四球で満塁となる。ここで、この日は7番に入っていた田中君が左中間真っ二つの二塁打で走者一掃3点が入った。「左投手と読んで、7番に上げておいた」という、中村良治監督の抜擢に応える一打だった。

 ところが、さすがに仙台育英も逞しい。すぐにその裏1番からの好打順を生かして先頭の渡邉旭君が中前打。内野ゴロで一死となるが、宮本君も左翼線へ二塁打して二三塁。そして四番入江君は初球を狙いすましたかのように一振すると、打った瞬間にスタンドからも「行ったぁ!」と声が上がるような一発でたちまち同点。

 果たしてどんな展開になっていくのかと思われたが7回の天理は先頭の9番杉下君と下林君の連打で一二塁。山元君が遊直となったところで、仙台育英ベンチは先発の向坂君をセンターに置き、粕谷君を投入。その粕谷君に対して河村君が中前へポトリと落として満塁。二死から、当たっている瀬君だが、ここでも少し浅かった右翼手の頭上を破って三塁打として満塁一掃となった。これで瀬君はこの日は4打数3安打の5打点という大活躍。二塁打が出ればサイクルヒットという状況だったが、9回に打席があと一人手前で途切れたが、回ってきたら二塁打しそうな勢いだった。

 試合は、天理がこの3点リードを守り切った。仙台育英は9回に途中出場してマスクをかぶっていた小野寺君がソロホーマーしたもののそこまで。天理の庭野君は3本塁打こそ浴びたものの完投。点を取られていないイニングはしっかりと抑えていて安定感はあった。

 天理の中村監督は、「追いつかれても、追い越されなかったので、試合の流れはウチにあるのかなと思っていた。相手は思い切った守備体型を敷いてきていたのでかなり研究されているなとは思いましたが、予想していた以上に打てました。近畿大会からずっと打ててきているので、打てなくなった時にどうするかということですね」と、天理らしく打撃好調で打破していきながらも、守り切れることの大事さは意識していた。

 仙台育英の須江航監督は、「向坂はそれなりにいい投球はしてくれたと思うけれども、ポジションとか守りで支えてあげ切れなかった。このレベルになると、やはり小さいミスでも許してくれません。こういう舞台で、ワンプレーの重み、厳しさを学べたことはよかった。日本一を目指していくためには、小さなミスも許されない」と引き締めていた。また、この日は注目の笹倉君は投げずに一塁5番に徹したことに関しては、「1年生で入ってきた時の春からずっとベンチに入って投げてきていたので、1年生だし、今日は敢えて投げないで行こうと考えていた。その分、2年生に奮起してほしかった」という思いも語っていた。

(文=手束 仁

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。