2019年10月27日 徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム)

高知中央vs城東

2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

高知中央、城東の脚をつなぎでねじ伏せ明徳義塾との同県決戦へ!



高知中央vs城東 4回裏高知中央一死満塁から5番・山本大介(2年・一塁手)が高校通算19本目となる右越グランドスラムを放つ

 「紙一重でした」。試合後、高知中央・重兼 知之監督が神妙な顔で話した振り返りは決して誇張ではない。事実、3回までは3対3。初陣の高知中央大手前高松戦と同じく4盗塁などでダイヤモンドを駆け抜ける城東の脚に苦しめられた。

 しかし高知中央には二の矢・三の矢を持っていた。守備でまず4回表から2番手で登板した1年生右スリークォーター・吉岡 稔貴(1年・右投左打・170センチ57キロ・南国ヤングマリナーズ出身)が最速133キロのストレートとシンカー系スライダーを低めに集めて城東の勢いを断つと、その裏には一挙6得点。

 まずは一死二塁から1番・曾 昱磬(2年・二塁手・175センチ75キロ・右投左打・高雄市立橋頭中<台湾>出身)のセンターに返す適時打で勝ち越すと、なおも一死一・三塁から「次につなごうと思った」3番・板谷 朋生(1年・遊撃手・167センチ67キロ・右投右打・南国ヤングマリナーズ出身)がグリップ2握り余らす構えから左前適時打。

 最後は5番・山本 大介(2年・一塁手・176センチ95キロ・左投左打・京田辺ボーイズ<京都>出身)が、「ライナーを打つことを意識して」右翼芝生席中段に突き刺した高校通算19本目となる大会第3号グラウンドスラム。加えて5回裏に曾が右翼芝生席上段に放った高校通算7本目の2ランもライナー性。「ナイス采配でした」。これには城東・鎌田 啓幸監督も兜を脱ぐしかなかった。

 かくして11対10の乱戦を制した高知県予選に続き、準決勝で明徳義塾との決戦を迎えることになった高知中央。「意識するなと言っても意識することになる中で、いかに目の前の1人1人と向き合えるか」。指揮官があげたポイントを選手たちが消化することができれば、決勝戦初進出を飛び越え大会初出場初優勝への道が一気に開けてくることになるだろう。

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
センバツ出場予定だったスラッガーや、タイペイから来たスイッチヒッターなど 四国の注目選手を紹介! 【ニュース - コラム】
第5回 覚醒間近!2020春に推したい四国の4名それぞれの魅力はどこにあるのか【センバツ2020】
愛媛県に続き高知県も春季県大会中止に!厳しい状況続く「四国の2020春」 【ニュース - 高校野球関連】
第1008回 「冬の野球自由研究」春・そして夏の開花へ 県立城東(徳島)【野球部訪問】
第998回 21世紀枠候補校9校で注目すべき逸材10名たち!【大会展望・総括コラム】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1回 2019年高知県高校野球3大ニュース 森木 大智(高知)がもたらした「化学変化」【高知の高校野球】
国士舘vs都立城東【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
尽誠学園vs岡豊【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
都立城東vs共栄学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第118回 高知中央高等学校 田川 賢吾 選手 【2012年インタビュー】
高知中央 【高校別データ】
城東 【高校別データ】
第72回 秋季四国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

城東目指せ甲子園シェルティ 2019.10.27
文武両道、城東の力を見せつけてやれ❕

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る