2019年10月27日 徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム)

明徳義塾vs徳島北

2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

徳島北「明徳義塾戦、公式戦3連敗」から立ち上がる



明徳義塾vs徳島北 6-回表明徳義塾二死一・二塁から適時打で3点目のホームを踏んだ8番・寺﨑元輝(2年・左翼手)

 「自分の力不足でみんなの目標だったセンバツをダメにしてしまいました」。試合後、記者たちの前でこう話すと、徳島北のエース・4番・主将を務める河野 勇真(2年・右投右打・175センチ78キロ・徳島藍住リトルシニア出身)は声を詰まらせた。

 徳島北にとって2016年秋、今年春に続く四国大会出場初戦はいずれも明徳義塾が相手に。過去2戦は1対13、1対8で明徳義塾のコールド勝ち。秋の県大会初制覇により、県内史上9校目となる徳島商鳴門・鳴門一(現:鳴門渦潮)・池田・鳴門工(現:鳴門渦潮)・小松島西・新野(現:阿南光)・小松島に続く「春・夏・秋」県大会王座を経験し、いよいよ県内強豪から四国強豪へのレベルアップを図る徳島北にとっては、組み合わせ抽選会時から「明徳を倒したい」と話していた河野だけでなく、誰もが待ち望んていた試金石であった。

 しかし前日の小松戦に続き、この日も明徳義塾は賢く試合を進めた。「スライダーを見極めてストレートに的を絞る」馬淵 史郎監督からの指示を選手たちが体現。初回はダブルスチールで揺さぶりをかけながら4四死球を選んで先制すると、河野に対し5回で95球を投させることに成功。

 そして彼らは4回表二死二塁から2番・合田 涼真(2年・三塁手・175センチ68キロ・右投右打・伊予三島リトルシニア<愛媛>出身)の左前勝ち越し適時打に続き、6回表には合田の適時打、3番・鈴木 大照(2年主将・捕手・170センチ68キロ・右投右打・河南リトルシニア<大阪>出身)の左翼線2点二塁打で3得点。あとは6回で125球を超えた河野の球威が落ちたボールをことどとく打ち込んで計12安打8得点を奪った。

 ただ、徳島北も収穫がなかったわけではない。河野は自己最速タイとなる142キロを出しつつ2回から5回まではスライダーを巧みに使い今後のスタイル形成に光明が見える176球完投。打線も「相手投手はコントロールがいいのでインコースに張って習っていた」古川 壱翔(2年・遊撃手・170センチ63キロ・右投左打・藍住町立藍住中出身)の右翼芝生席中段に突き刺す高校通算2本目の先頭打者アーチ含む8安打。明徳義塾新地 智也(2年・175センチ70キロ・左投左打・岡山ヤングメッツ<岡山>出身)が「味方の守備に助けられた」とつぶやくほど、鋭さを有していた。

 「河野の魅力もある程度は出たし、いい経験になった」(徳島北・住吉 圭吾監督)。あとは9イニングを戦った中で感じたことをいかに練習で消化し、結果につなげていくか。「明徳義塾戦、公式戦3連敗」のリベンジは春の四国大会であるかもしれない再戦、そして2020年夏・11年ぶり2度目の甲子園出場で晴らすのみである。

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
北本佑斗、新地智也、代木大和…。明徳義塾が誇る左の技巧派エースの秋季大会の成績がすごすぎる! 【ニュース - 高校野球関連】
2010年から優勝は5度!直近10年の明徳義塾の秋の大会の成績は圧巻 【ニュース - 高校野球関連】
明徳義塾vs聖カタリナ学園【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs鳴門【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1029回 【秋季四国大会展望】キーワードは準決勝までの「勢い」と「経験値」【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs高知【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
高知vs明徳義塾【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
明徳義塾vs高知中央【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
第1230回 50メートル5秒7の俊足を誇る奥野翔琉(明徳義塾)の盗塁技術の高さに迫る! 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第6回 初戦突破率87%!四国を代表する名門・明徳義塾の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
徳島北 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
第72回 秋季四国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

明徳義塾明徳義塾頑張れ!久保田 2019.10.28
応援しています!選抜行ってください!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る