2019年10月27日 徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム)

明徳義塾vs小松

2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

スイッチ入れた明徳義塾「サバイバルゲーム」初戦突破!



4回裏明徳義塾無死二塁から4番・元屋敷 大誠(2年・左翼手)が左越先制二塁打を放つ

 「四国大会になるとちょっと違ってきているね」
 そう選手たちの様子を話すのは甲子園51勝の明徳義塾・馬淵 史郎監督。高知県予選では準決勝で高知中央に11失点で敗戦。四国大会出場をかけた高知商戦でも9回サヨナラ勝ちと今一つエンジンがかかり切らなかった彼らだが、この小松戦ではスキがなかった。

 まず序盤のピンチを中堅手・奥野 翔琉(2年・174センチ65キロ・右投左打・明徳義塾中出身)の美技で切り抜けると、4回裏には先頭四球で出た3番・鈴木 大照(2年主将・捕手・170センチ68キロ・右投右打・河南リトルシニア<大阪>出身)が「監督さんからも『行けたらいけ」と言われていたし、バッテリーも警戒していなかった」スキを突いて二盗。続く4番・元屋敷 大誠(2年・左翼手・179センチ83キロ・右投右打・御浜町立阿田和中<三重>出身)の左越先制二塁打につなげた。

 対する小松は5回表一死一・三塁から「思い切り振り切ろうと思った」1番・福島 未来翔(1年・二塁手・174センチ60キロ・右投左打・えひめ西リトルシニア出身)の右犠飛で同点としたが、明徳義塾はその裏に5番・新澤 颯真(2年・一塁手・177センチ75キロ・右投左打・橿原ボーイズ<奈良>出身)の中越2点三塁打など3安打に3四球2盗塁を絡めて5得点で試合を決めた。

 最後はエース・新地 智也(175センチ75キロ・左投左打・岡山ヤングメッツ<岡山>出身)が小松を7回94球7安打3奪三振無四球に封じて7回コールド勝ち。「ウチは生き残るだけ」(馬淵監督)。明徳義塾はサバイバルゲーム初戦をまずまずの形で終えた。 

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
3安打1盗塁とバットで足でアピールの西武・岸潤一郎(明徳義塾出身) 昇格目指して二軍で奮闘中! 【ニュース - 高校野球関連】
【選手名鑑】全国屈指の脚力の持ち主!俊足強打の外野手・奥野翔琉(明徳義塾) 【ニュース - 高校野球関連】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1000回 明徳義塾(高知・2年ぶり19回目の出場)「逆転の明徳義塾」で全冠制覇を目指す!【センバツ2020】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
尽誠学園vs岡豊【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
小松 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
第72回 秋季四国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る