2019年10月27日 徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム)

明徳義塾vs小松

2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

スイッチ入れた明徳義塾「サバイバルゲーム」初戦突破!



4回裏明徳義塾無死二塁から4番・元屋敷 大誠(2年・左翼手)が左越先制二塁打を放つ

 「四国大会になるとちょっと違ってきているね」
 そう選手たちの様子を話すのは甲子園51勝の明徳義塾・馬淵 史郎監督。高知県予選では準決勝で高知中央に11失点で敗戦。四国大会出場をかけた高知商戦でも9回サヨナラ勝ちと今一つエンジンがかかり切らなかった彼らだが、この小松戦ではスキがなかった。

 まず序盤のピンチを中堅手・奥野 翔琉(2年・174センチ65キロ・右投左打・明徳義塾中出身)の美技で切り抜けると、4回裏には先頭四球で出た3番・鈴木 大照(2年主将・捕手・170センチ68キロ・右投右打・河南リトルシニア<大阪>出身)が「監督さんからも『行けたらいけ」と言われていたし、バッテリーも警戒していなかった」スキを突いて二盗。続く4番・元屋敷 大誠(2年・左翼手・179センチ83キロ・右投右打・御浜町立阿田和中<三重>出身)の左越先制二塁打につなげた。

 対する小松は5回表一死一・三塁から「思い切り振り切ろうと思った」1番・福島 未来翔(1年・二塁手・174センチ60キロ・右投左打・えひめ西リトルシニア出身)の右犠飛で同点としたが、明徳義塾はその裏に5番・新澤 颯真(2年・一塁手・177センチ75キロ・右投左打・橿原ボーイズ<奈良>出身)の中越2点三塁打など3安打に3四球2盗塁を絡めて5得点で試合を決めた。

 最後はエース・新地 智也(175センチ75キロ・左投左打・岡山ヤングメッツ<岡山>出身)が小松を7回94球7安打3奪三振無四球に封じて7回コールド勝ち。「ウチは生き残るだけ」(馬淵監督)。明徳義塾はサバイバルゲーム初戦をまずまずの形で終えた。 

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2021年センバツ大会(第93回大会)の今後の日程と出場校候補一覧 【ニュース - 高校野球関連】
横浜DeNAは宮崎、佐野ら下位指名勢が活躍!梶谷抜けた後は近年の上位選手が鍵か? 【ニュース - 高校野球関連】
第167回 森木大智だけじゃない!12人の四国の高校野球を盛り上げる好投手たち【高校野球コラム】
第1028回 3年ぶり「高卒ドラフト指名」に期待!四国地区高校野球・2021年を占う【大会展望・総括コラム】
第30回 強豪校の練習映像多数!これまで視聴された高校野球ドットコムYouTube人気ランキングTOP10【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1028回 大学生、社会人の奮闘に「令和版・四国スタイル」。2020年の四国地区高校野球を振り返る【大会展望・総括コラム】
第162回 交流試合の躍進に馬淵監督が語った「生き方」 四国地区高校野球・2020年の3大ニュース【高校野球コラム】
聖カタリナ学園vs小松【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs聖カタリナ学園【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs鳴門【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
小松vs藤井学園寒川【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
小松vs鳴門渦潮【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1230回 50メートル5秒7の俊足を誇る奥野翔琉(明徳義塾)の盗塁技術の高さに迫る! 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
小松 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
第72回 秋季四国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る