「今度は絶対に勝って神宮大会に」明豊が大分商の待つ決勝へ



勝利した明豊

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 第145回(令和元年度秋季)九州地区高校野球大会は23日、みどりの森県営球場で準決勝が行われた。

 1点を争う好ゲームになった第1試合は、2対2の9回に、明豊が二死二塁から1番・中村 洸斗三塁手(2年)が三遊間を破るタイムリーを放って勝ち越し。このリードを5回からリリーフしたエースで主将の若杉 晟汰投手(2年)が守り切り、明豊創成館を破って2年連続の決勝進出を決めた。

 満身創痍の状態でも、気力で投げぬいた。2回戦で右ひじに死球を受けていた明豊の若杉。この日はリリーフ登板だったが、7回の打席で左ひじに死球を受けた。「正直、少し腫れている。日頃のおこないが悪いんです」と苦笑いしたが、「ここまで2試合が悪かったので」とエースの意地でチームを引っ張った。

 第2試合に備えて球場入りしていた大分商の友情応援にも奮い立った。スタンドには明豊の青いメガホンと、大分商の赤いメガホンがふられる。保護者も含めて2チームがタッグを組んだ。「大分商は刺激になる。勝ち上がっているので、先に負けるわけにはいかない」と話した若杉。

 試合後のクールダウンのキャッチボール時には、第2試合の先発だった大分商のエース・川瀬 堅斗(2年)に「大分同士で決勝をやろう。絶対に勝てよ」と激励。スタンドに上がって食事をした後、すぐにメガホンを持って大分商の応援に加わった。

「去年は決勝で(筑陽学園に)負けたので、今度は絶対に勝って神宮大会に行きたい」。大分商とのライバル決勝は目標の神宮への通過点にするつもりだ。

(文=松倉 雄太

■日程・結果   第145回 九州地区高等学校野球大会
■トーナメント表 10月23日更新
■レポート一覧  秋季九州大会
■両チームの戦歴 明豊 創成館

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】