天理が履正社相手に逆手サヨナラ勝ち!



サヨナラ打を放ってガッツポーズを見せる河西陽路(天理)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 奈良大会3位から快進撃を続けている天理が、夏の甲子園を制した履正社を逆転サヨナラで下して、5年ぶりの決勝進出を決めた。

 履正社は3回表、四球と相手の失策から二死二、三塁のチャンスを作ると、5番・両井 大貴(2年)の2点右前適時打で先制。今大会初先発の辰己颯(2年)がテンポよく打たせて取る投球を見せ、中盤まで履正社ペースで試合が進んだ。

 追加点が欲しい履正社は7回表、一死一、二塁から4番・関本 勇輔(2年)の適時二塁打で1点を追加。その後、押し出し死球で1点を加え、なおも一死満塁とチャンスは続く。しかし、この場面を天理のエース・庭野 夢叶(2年)が投手ゴロでホームゲッツーに打ち取り、これ以上の得点を許さなかった。

 このプレーで流れが天理に傾く。7回裏に二死一、二塁のチャンスを作ると、9番・庭野の右越え適時二塁打で2点を返す。続く1番・下林 源太(2年)も左前適時打を放ち、庭野が生還。1点差に詰め寄った。

 試合は履正社1点リードのまま9回裏に突入。先頭の7番・山元 太陽天理)は左飛に倒れるが、一死から8番・田中 輝希(2年)が相手の失策で出塁し、同点の走者が出る。

 ここで前の打席で適時打を放っている庭野が犠打を決め、二死二塁。主将の下林に全てを託す。その下林は四球で歩かされ、2番の杉下 海生(1年)が打席に立つ。一打同点の場面で杉下はフルカウントから右前適時打を放ち、土壇場で同点に追いついた。

 ここで履正社は辰己に代えて、衣笠 遼(2年)をマウンドに送る。二死一、三塁と一打サヨナラのチャンスで打席に立つのは3番の河西 陽路(2年)。2ボール2ストライクから外角高めのストレートを弾き返すと、打球は中堅手の左を抜ける安打となり、サヨナラ勝ち。天理が夏の王者を打ち破った。

 「初戦からビックリ続き」と快進撃について語る天理の中村良二監督。力試しとして挑んだ近畿大会で強豪を次々と破って、台風の目となっている。3位通過からの頂点まであと1勝。勢いに乗って優勝候補の大本命も倒すことができるだろうか。

記事=馬場 遼

大会日程・結果
トーナメント表

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。