大阪桐蔭がサヨナラ勝ちで2年ぶりVに王手!



9回裏にサヨナラ打を放った伊東光亮(大阪桐蔭)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 大阪桐蔭がサヨナラで智辯学園を下して、優勝した2年前以来の決勝進出を決めた。

 大阪桐蔭の先発は最速146キロ左腕の松浦 慶斗(1年)。勢いのあるストレートが武器の投手だが、「緊張して自分のピッチングができませんでした。腕が縮こまって、威力のない球を投げてしまった」と本来の出来ではなかった。

 初回こそ無失点に抑えるが、2回表に6番・山下 陽輔(1年)に左越え本塁打を浴びて先制点を与えてしまう。味方に逆転してもらった直後の4回表には、一死満塁から9番・小畠 一心(1年)の左犠飛で同点とされると、続く1番・白石 陸(2年)に3ランを打たれて、勝ち越しを許した。

 松浦はこの裏に代打を出されて降板。その後は関戸 康介(1年)、竹中 勇登(1年)と投手を繋いで、打線の反撃を待つ。

 智辯学園は状態の良さを買われて背番号10の小畠が先発。「上手くインコースのスライダーを使いながら、丁寧に投げてくれた」(小坂将商監督)と7回を投げて4失点と粘りの投球を見せた。

 8回裏からは背番号11の左腕・荒川 翔太(2年)をマウンドに送るが、安打と四球で走者を出すと、2番・加藤 巧也(2年)に犠打を決められ、一死二、三塁とされたところで降板。一打逆転のピンチで3番・西野 力矢(2年)を打席に迎えるという場面でエースの西村 王雅(1年)をマウンドに送った。

 西村は西野を一塁ゴロに打ち取るが、その間に三塁走者が生還して同点とされてしまう。それでも続く船曳 烈士(2年)を遊撃ゴロに打ち取り、勝ち越しは許さなかった。

 同点に追いついた大阪桐蔭は9回表にエースの藤江 星河(2年)を投入。安打と暴投で無死二塁のピンチを招いたが、1番・白石、2番・三田 智也(2年)を連続三振、3番・今﨑 圭秦(2年)を中飛に打ち取って、ピンチを凌いだ。

 対する大阪桐蔭はその裏、先頭の5番・仲三河 優太(2年)が左翼線への二塁打で出塁。続く6番・上野 海斗(2年)は左飛に倒れたが、7番・伊東 光亮(2年)が右翼線を破る適時打を放ち、サヨナラ勝ちを収めた。

 「打ったのは内角高めのチェンジアップ。嬉しいの一言です」と野球人生初のサヨナラ打を振り返った伊東。西谷浩一監督によるとこの1週間はレギュラー陣の中で最も調子が悪かったそうだが、「しっかり準備はしてくれていた」(西谷監督)とここ一番で勝負強さを発揮した。

 2試合連続で接戦をものにした大阪桐蔭。来春のセンバツ出場を確実にしてもそこに驕りは見られない。「秋日本一を目標にしているので、そこに向けて頑張っていきたいです」と伊東。4日の決勝で勝利して、神宮大会の出場権を掴みに行くつもりだ。

記事=馬場 遼

大会日程・結果
トーナメント表

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】