2019年10月27日 佐藤薬品スタジアム(奈良県立橿原公苑野球場)

履正社vs京都翔英

2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

強打の履正社がコールド勝ちでセンバツ濃厚



本塁打を含む3安打4打点の活躍を見せた小深田大地(履正社)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 強力打線の履正社が5人の投手を擁する京都翔英を相手にコールド勝ちを収めた。

 履正社は1回裏、二死二塁から4番・関本 勇輔(2年)の右前適時打で1点を先制する。2回には8本の安打を浴びせて、6点を追加。京都翔英は早くも2回途中で3人目の投手を投入せざるを得なくなった。

 コールド負けは避けたい京都翔英は3回表、失策と安打から一死二、三塁のチャンスを作ると、1番・大生 竜万(2年)の左前適時打で1点を返す。その後、二死二、三塁から3番・森岡 大輔(2年)が右中間に2点適時二塁打を放ち、点差を4点に縮めた。

 3点を返した京都翔英は守りでも流れを掴む。2回途中から登板した3番手の三尾 倖平(2年)が秋の大会前から近江林 優樹を参考にしたというフォームからテンポよく投げ込み、履正社打線を封じ込む。7回途中に降板するまで4回3分の2を投げて、2安打無失点。山下勝弘監督も「良い誤算でした」と話す好投だった。

 三尾の好投に応えたい打線だったが、履正社先発の岩崎 峻典(2年)が4回以降は落ち着きを取り戻し、要所を抑える投球を見せる。序盤の打ち合いから一転して、中盤以降は引き締まった試合展開となった。

 拮抗したゲームは突然、終わりを告げる。7回途中からマウンドに上がっていた京都翔英の5番手・大越 颯汰(2年)が2つの四球から二死一、二塁のピンチを招く。ここで3番・小深田 大地(2年)にライトスタンドに飛び込む3ランを浴びて、7点差となり試合終了。コールドゲームで履正社が準決勝進出を決めた。

 これで履正社は3季連続の甲子園出場がかなり濃厚となった。全国で最も新チームの始動が遅れたが、夏の経験者を中心に強打で近畿大会4強を勝ち取った。岩崎は前日に続く連投となったが、この日の方がボールは安定していたように感じられる。準決勝以降では他の投手の出番があるだろうか。

 京都翔英の山下監督は「良い球を投げていたのですが、それを打たれたので力の差を感じました」と脱帽。中盤は食い下がったが、4回以降に得点を奪えなかったのが響いた形となった。コールド負けのため、センバツ出場は厳しい状況となったが、「全国のレベルを体験することができたので、良い目標を掲げて練習に取り組むことができます」と山下監督は前向きだ。春以降に強くなった姿を見せてほしい。

記事=馬場 遼
img013〜松倉 雄太

令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会
トーナメント表

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
本日発表日!選抜候補全131校を振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
選抜選考委員会まであと2日!順当に選出されそうな東北地区・いくつかの可能性が考えられる近畿地区 【ニュース - 高校野球関連】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第25回 今年も盛り上がった高校野球!球児が最も見た試合レポートベスト5発表!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1回 近畿の高校野球を沸かせたBIGな話題で振り返る! 2019年近畿地区の3大ニュース【近畿地区の高校野球】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs奈良大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
京都翔英 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

履正社この調子で頑張れ!履正社高校OB 東京代表 2019.10.27
岩崎君の力投、小深田君の3ランHR、素晴らしかったです!春のセンバツ出場ほぼ当確おめでとう!
今度は2017春の大阪桐蔭へのリベンジを果たしましょう!今年の春~夏、星稜へのリベンジを果たしたように、あの春の悔しさを晴らそう!
ガンバレ!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る