強打の履正社がコールド勝ちでセンバツ濃厚



本塁打を含む3安打4打点の活躍を見せた小深田大地(履正社)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 強力打線の履正社が5人の投手を擁する京都翔英を相手にコールド勝ちを収めた。

 履正社は1回裏、二死二塁から4番・関本 勇輔(2年)の右前適時打で1点を先制する。2回には8本の安打を浴びせて、6点を追加。京都翔英は早くも2回途中で3人目の投手を投入せざるを得なくなった。

 コールド負けは避けたい京都翔英は3回表、失策と安打から一死二、三塁のチャンスを作ると、1番・大生 竜万(2年)の左前適時打で1点を返す。その後、二死二、三塁から3番・森岡 大輔(2年)が右中間に2点適時二塁打を放ち、点差を4点に縮めた。

 3点を返した京都翔英は守りでも流れを掴む。2回途中から登板した3番手の三尾 倖平(2年)が秋の大会前から近江林 優樹を参考にしたというフォームからテンポよく投げ込み、履正社打線を封じ込む。7回途中に降板するまで4回3分の2を投げて、2安打無失点。山下勝弘監督も「良い誤算でした」と話す好投だった。

 三尾の好投に応えたい打線だったが、履正社先発の岩崎 峻典(2年)が4回以降は落ち着きを取り戻し、要所を抑える投球を見せる。序盤の打ち合いから一転して、中盤以降は引き締まった試合展開となった。

 拮抗したゲームは突然、終わりを告げる。7回途中からマウンドに上がっていた京都翔英の5番手・大越 颯汰(2年)が2つの四球から二死一、二塁のピンチを招く。ここで3番・小深田 大地(2年)にライトスタンドに飛び込む3ランを浴びて、7点差となり試合終了。コールドゲームで履正社が準決勝進出を決めた。

 これで履正社は3季連続の甲子園出場がかなり濃厚となった。全国で最も新チームの始動が遅れたが、夏の経験者を中心に強打で近畿大会4強を勝ち取った。岩崎は前日に続く連投となったが、この日の方がボールは安定していたように感じられる。準決勝以降では他の投手の出番があるだろうか。

 京都翔英の山下監督は「良い球を投げていたのですが、それを打たれたので力の差を感じました」と脱帽。中盤は食い下がったが、4回以降に得点を奪えなかったのが響いた形となった。コールド負けのため、センバツ出場は厳しい状況となったが、「全国のレベルを体験することができたので、良い目標を掲げて練習に取り組むことができます」と山下監督は前向きだ。春以降に強くなった姿を見せてほしい。

記事=馬場 遼
img013〜松倉 雄太

令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会
トーナメント表

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。