夏の甲子園を制した履正社が初戦突破



履正社先発の岩崎峻典

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 今夏の甲子園を制した履正社が一時は逆転を許しながらも、コールド勝ちで初戦を突破した。

 履正社は2回裏、一死満塁から1番・池田凜(2年)の2点右前適時打で先制。さらに二死一、二塁から3番・小深田 大地(2年)が右前適時打を放ち、この回で3点のリードを奪った。さらに先発の岩崎 峻典(2年)は3回まで6奪三振のパーフェクトピッチングを披露。このまま悠々と逃げ切るかと思われたが、そうはいかなかった。

 綾羽は4回表、先頭の1番・伊藤 彰馬(2年)がチーム初安打となる中前安打で出塁。その後、2つの四死球で二死満塁となり、6番・浅井倖介(2年)が左前適時打でまず1点を返す。なおも満塁のチャンスで7番・高山心(1年)が2点中前適時打を放ち、同点に追いついた。さらに一、二塁の場面から相手遊撃手の失策で二塁走者が生還し、綾羽が逆転に成功した。

 2回に3点を失った綾羽先発の早津 康生(2年)だが、打たせて取る投球で3回、4回をそれぞれ3人で打ち取る。完全に流れを掴んだかのように思えた綾羽だが、5回裏に先頭の小深田に三塁打を浴びて、一打同点のピンチを招く。続く4番・関本 勇輔(2年)は三塁ゴロに打ち取ったが、5番・大西 蓮(2年)の打球が早津の右膝に直撃。何とか続投することはできたが、その間に小深田が生還して、同点に追いつかれた。

 その後、二死満塁となり、打席には9番の岩崎を迎える。1ストライクから低めのカットボールを上手く拾った打球は左中間スタンドに突き刺さる満塁弾となり、履正社が勝ち越しに成功した。

 これ以上の失点を避けたい綾羽だったが、6回裏に小深田の打球が早津の右足つま先を強襲。2度目の打球直撃で降板を余儀なくされ、2番手に中山力斗(2年)がマウンドに上がった。しかし、一度火のついた履正社打線を止めることができずにこの回5失点。7回表の攻撃も無得点に終わり、コールド負けを喫した。

「本当に力負けですね。今日の敗戦を来シーズンに繋げたいと思います」と試合後に話した綾羽の千代純平監督。最後は力で押し切られたが、一時は逆転するなど、確かに爪痕は残した。この経験を糧に悲願の甲子園出場を目指す。

 打球を右足に2度受けた早津は椅子に座ってアイシングをしながら取材に応じてくれた。小深田の打球は「打球が速くて見えなかったです」と振り返った。早津にとっては無念の結果となったが、全国屈指の打線と対戦できたことは今後に繋がるだろう。

 決勝弾を放った岩崎は「調子は良くなかったです。イニングの間に修正することができなかった」と自らの投球には不満の様子。夏から試合が続いてきたことで、秋の大阪大会が終わってからは疲労を抜くことに注力していたが、この日はストライクとボールがハッキリしている印象だった。翌日の準々決勝で勝つためには岩崎の力が必要になるだろう。次の登板で復調した姿を見せることができるだろうか。

 大阪大会から好調だった打線は池田が2安打4打点、小深田が3安打1打点と打つべき選手がキッチリと結果を残している。準々決勝では5人の投手を擁する京都翔英との対戦となるが、打ち勝って3季連続の甲子園を確実なものにすることはできるだろうか。

記事=馬場 遼

令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会
トーナメント表10月26日更新

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。