京都翔英が継投で和歌山南陵を下す



決勝点のホームを踏む住野元哉(京都翔英)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 京都1位の京都翔英が近畿大会初出場の和歌山南陵を下した。

 京都翔英の先発は背番号18の池島 涼太(1年)。安定感のある投球で凡打の山を築くと、和歌山南陵の右横手投げのエース・浜 新之介(2年)もストレートとスライダーの緩急を上手く使って、京都翔英打線を翻弄する。

 試合が動いたのは4回表、この回先頭の6番・和田 貫汰(2年)が高めに浮いたスライダーをバックスクリーン右に放り込み、1点を先制する。さらに5回表、二死一塁から一塁走者の西岡 義晴(2年)が盗塁を決めて、二塁に進塁。ここで4番・森岡 大輔(2年)が右前適時打を放ち、リードを2点に広げた。

 反撃したい和歌山南陵は5回裏、一死から9番・浜が左中間を破る三塁打で出塁。続く1番・上野 一輝(2年)がレフトスタンドに飛び込む2ラン本塁打を放ち、同点に追いついた。

 継投策で京都大会を勝ち上がってきた京都翔英は6回から投手をスイッチする。左のワンポイントとして登板した2番手の背番号11・三尾 倖平(2年)は四球と犠打で一死二塁としたところで降板。背番号10の右腕・大越 颯汰(2年)が3番手としてマウンドに上がる。「一番能力がある」と山下勝弘監督が認める最速142㎞/h右腕の大越は一打勝ち越しのピンチを中飛と三振に切って取り、和歌山南陵にリードを与えない。

 ピンチを凌いだ京都翔英は7回表、2本の安打で二死一、三塁のチャンスを作る。ここで1ボールから投じた2球目が暴投となり、三塁走者が生還。和歌山南陵にとっては痛い1球となった。さらに京都翔英は相手の失策で1点を追加。8回と9回にも相手守備の乱れから追加点を奪うことに成功した。

 9回裏に二死満塁のピンチを招いた大越だが、最後は空振り三振で打ち取って、ゲームセット。京都翔英が準々決勝進出を決めた。

 夏のレギュラーだったのは捕手の森岡のみだったが、今大会は責任教師でベンチ入りしている前田雅大コーチが下級生を鍛えてきたことで、京都の頂点に立つ戦力を作り上げた。準々決勝で勝てば7年ぶりのセンバツ出場に大きく前進する。山下監督は「全力で挑みます」と意気込んでいた。

記事=馬場 遼

令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会
トーナメント表10月26日更新

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。