天理が兵庫王者の報徳学園を破る!



1失点完投勝利を飾った天理のエース・庭野夢叶

 奈良大会を辛くも3位通過で勝ち上がってきた天理が兵庫1位の報徳学園を下した。

 天理は1回裏、1番の下林 源太(2年)が初球を振り抜き、レフトスタンドへと飛び込む先頭打者本塁打で先制点を挙げる。先制を許した報徳学園先発の坂口 翔颯(2年)だが、それ以降は落ち着いた投球で天理打線を封じ込める。

 天理先発の庭野 夢叶(2年)はテンポよく打たせて取る投球を披露。バックも攻守で支え、2回と3回に併殺を奪うなど、報徳学園の反撃の芽を摘んでいく。

 それでも報徳学園は5回表、先頭の5番・湯水 海(1年)が二塁打で出塁すると、二死三塁から8番・田中 隼人(1年)が三遊間への適時内野安打を放ち、同点に追いついた。その後も引き締まった展開が続いたが、後半に大きく動いた。

 7回裏、天理は一死から6番・杉下 海生(1年)がセーフティバントで出塁すると、続く7番・田中 輝希(2年)が犠打を決めて、一死二塁とする。ここで8番・山元 太陽(2年)が1ストライクから「無心で打ちました」内角低めのストレートをジャストミート。レフトの頭上を越える2ラン本塁打となり、勝ち越しに成功した。

 これで勢いに乗った天理は8回裏にも二死満塁から杉下の走者一掃となる3点適時三塁打で引き離すと、続く田中輝も中前適時打を放ち、リードを6点に広げた。兵庫大会優勝の立役者となった坂口だったが、天理に傾いた流れを食い止めることができずにこの回途中でマウンドを降りることになった。

 報徳学園は9回表に二死満塁として意地を見せたが、最後は庭野が踏ん張って試合終了。天理が準々決勝にコマを進めた。

「皆さんビックリしましたよね?僕もビックリです」と開口一番に呟いた天理の中村良二監督。「新チームになって一番良い試合をした」と評価するほどの高いパフォーマンスを発揮して、兵庫王者を打ち破った。

 この試合で目立ったのが天理内野陣の守備力の高さだ。特に昨年のU-15W杯でDHとしてベストナインに選出された実績のある遊撃手の杉下はハンドリングが上手く、球際に強い名手。これから近畿を代表する選手になる可能性も秘めている。身長167㎝と小柄だが、この日は外野の頭を越す長打を放っており、パンチ力のあるところを見せつけた。攻守にわたって今後のキーマンとなることだろう。

 準々決勝では同じ奈良県勢の奈良大附と対戦する。智辯学園も初戦を突破しており、3位校の天理にとっては次で勝たないとセンバツ出場がかなり厳しくなるだろう。次戦でも持てる力を最大限に発揮して、4強入りを勝ちとりたい。

記事=馬場 遼
img010〜中谷 明

令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会
■トーナメント表10月23日更新