終盤に強い習志野がこの試合でも発揮!しぶとい前橋育英を振り切り、準々決勝進出へ



菊池 樂(前橋育英)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 習志野vs前橋育英の好カードが関東大会1回戦で実現した。両チームとも攻守の完成度が高く、さらに駆け引きが優れた好チームである。1イニング1イニングが濃い試合となった。

 まず序盤は0行進。前橋育英の先発・菊池 樂(1年)はかつての前橋育英のエース・高橋 拓已(現・日本生命)を思い出させる好投手。左スリークォーターから投げ込む直球は常時130キロ前半。ワインドアップからゆったりと始動して、テークバックを大きくとって、しっかりと胸を張って振り下ろすボールには角度があり、110キロ前半のスライダー、90キロ前後のカーブも決まる。高校1年秋の左腕にしてはなかなかの力量があり、将来のドラフト候補として期待できる内容だった。

 習志野の先発は山内 翔太。経験十分の山内は常時130キロ前半のストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップを低めに集める投球で、3回まで無失点。さすがと思わせるピッチングだった。

 試合が動いたのは4回表。習志野は8番・宮下征也(2年)の適時打で1点を先制。

 だがしぶとい前橋育英は二回り目から山内のピッチングを見極め始める。ボール気味の手を出さず、低めの変化球も見送る。そうなると習志野バッテリーはストライクをとりにいく傾向が強くなる。前橋育英打線はそれを逃さず、二死満塁から2番・飯野 堪太(2年)がしぶとく右前安打を放ち、逆転に成功する。