2019年10月15日 花巻球場

鶴岡東vs青森山田

2019年秋の大会 第72回 秋季東北地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

2イニングで9得点を奪った鶴岡東が準決勝へ



3ランを放った野川 大輔(鶴岡東)

 第72回秋季東北地区高校野球大会3日目は15日、岩手県営球場花巻球場で準々決勝が行われ、ベスト4が出そろった。

 花巻球場の第1試合は、6回に2番・野川 大輔外野手(2年)の3ランで1点差に迫った鶴岡東が、続く7回に一挙6点を奪い逆転。このリードを6回からリリーフした小林 三邦投手(2年)が無失点の好投で守り切り、5年ぶりのベスト4進出を決めた。

 6回、7回の2イニングで9得点。鶴岡東の打撃が目立った試合だった。中でも6回に代打で起用されヒットを放った太田 陽都(2年)が3安打の活躍。前日の2回戦で先発した右腕を、「昨日もヒットを打っているので」と起用した佐藤俊監督の采配が当たった。6回は太田のヒットと盗塁から打線がつながり、2番・野川の一発。これが7回の打者一巡の猛攻への布石となった。

 組み合わせが決まった段階から大一番と言われた青森山田と一戦を、3時間4分かけた激闘で制し5年ぶりのベスト4。次の目標は初の決勝進出だ。

(文=松倉 雄太

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
中日はドラ1高橋周平、ドラ2・京田が順調に成長。また社会人下位指名打者を大成させている強みも! 【ニュース - 高校野球関連】
高校サッカー決勝を戦う青森山田と山梨学院の昨秋の戦績は? 【ニュース - 高校野球関連】
第156回 2018年U-15代表の現在地。期待通りに成長した剛腕や予想以上の成長を見せた技巧派サイドなど多種多様!【高校野球コラム】
花巻東vs鶴岡東【2020年秋の大会 第73回秋季東北地区高等学校野球大会】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
鶴岡東vs日本航空石川【2020年甲子園高校野球交流試合】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
仙台育英vs鶴岡東【2019年秋の大会 第72回 秋季東北地区高等学校野球大会】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
関東一vs鶴岡東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
鶴岡東vs習志野【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第471回 青森山田高等学校 三森 大貴選手「的確な観察眼を武器に将来は相手から嫌がられるショートに!」 【2016年インタビュー】
第192回 日本大学 京田 陽太選手(青森山田高出身) 【2014年インタビュー】
青森山田 【高校別データ】
鶴岡東 【高校別データ】
第72回 秋季東北地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る