2019年10月20日 石川県立野球場

星稜vs佐久長聖

2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

佐久長聖・梅野を乗せる前に!星稜先制パンチで佐久長聖に快勝!



捕手で4番の内山壮真(星稜)

 第141回(令和元年度秋季)北信越地区高校野球大会は20日に石川県立野球場で準決勝が行われた。

 第1試合は1回に4番・内山 壮真捕手(2年)のタイムリーなどで4点を先制した星稜が終始優勢に進め、7回コールドで佐久長聖を破り、秋の北信越では3年連続の決勝進出を決めた。

 鮮やかな先制攻撃だった。相手は2試合連続完封の佐久長聖の左腕・梅野峻介(2年)。試合開始5分前に短距離ダッシュを繰り返し、準備万端で臨んだが、1回に1番の出村 夢太(2年)にストレートの四球。この流れを星稜は逃さなかった。二死二塁で4番の内山。「ハマると厄介」と自分が走者を還すことを頭に入れた。狙い通り、打球は三遊間を破り二塁走者の出村が生還。欲しかった『1回表の先制』を果たした。

 ただ、1点では足りない。次の1点を狙って、盗塁を仕掛けた内山。この流れに乗り、二死一、二塁から6番・中田 達也(1年)が左中間を破る三塁打。林和成監督も、「中田があそこでよく打った」と讃えた。

 さらに7番・花牟禮 優(2年)もタイムリー二塁打を放ち、この回4点。佐久長聖の梅野を乗せる前に大きな得点をものにした。

 大一番をものにした星稜。秋の目標は「去年負けた」と内山が語る神宮大会優勝だ。「秋の時点で全国の強豪と戦うと、冬の練習がより実りあるものになる」と去年を経験した内山は語る。この目標を叶えるため、まずは日本航空石川との決勝に臨む。

(文=松倉 雄太

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
奥川恭伸に背番号「11」に!東京ヤクルトが求められること 【ニュース - 高校野球関連】
【明治神宮大会総括】今大会の出場選手でナンバーワンのパフォーマンスを示した野手は?進化が楽しみな野手を紹介! 【ニュース - コラム】
第987回 明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】【大会展望・総括コラム】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第246回 二塁送球は山瀬慎之介に匹敵!内山壮真(星稜)は野球センスの塊だ【ドラフト特集コラム】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】 【2019年インタビュー】
星稜vs敦賀【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs星稜【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
佐久長聖 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
第141回 北信越地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

星稜飛躍まいまい 2019.10.24
頑張れ星稜ナイン!
佐久長聖全員野球歳三 2019.10.16
がんばれ佐久長聖
星稜この回域にゴジラ 2019.10.15
 夏のリベンジ!先ずは北信越優勝で明治神宮大会へ>>>
佐久長聖頑張れ佐久長聖きみちゃん 2019.10.15
見事なベスト4進出、投手戦を制した佐久長聖、次の相手は強敵の星稜との対戦となった、持っている全ての力を星稜戦で発揮してくれ台風の被災地の方々に元気と勇気を頑張れ佐久長聖

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る