2019年10月14日 石川県立野球場

星稜vs敦賀

2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

星稜がコールド勝ちでセンバツ出場に大きく前進!



14奪三振を奪った寺西成騎(星稜)

 4季連続の北信越大会優勝を目指す星稜敦賀を7回コールドで破り、準決勝進出を決めた。

 星稜は1回裏、一死一、三塁から4番・内山 壮真(2年)の左前適時打で先制点を挙げる。さらに二死一、三塁から6番・出村 夢太(1年)の中前適時打で1点を追加し、リードを2点に広げる。ここで敦賀は先発の背番号11三野大地(1年)に代えて、背番号1の左腕・久米 遼(1年)を早くも投入する。久米は続くピンチをセカンドフライに打ち取り、これ以上の追加点を与えない。

 久米は120㎞/h台後半のストレートと100㎞/h前後の変化球を上手く織り交ぜ、2回裏を三者凡退に切って取る。これで試合が落ち着くかと思われたが、星稜打線はすぐに対応する。3回裏、二死二塁から5番・今井 秀輔(2年)が左前適時打を放つと、さらに二死一、二塁から7番・中田 達也(1年)の中前適時打で4点差とした。

 何とか意地を見せたい敦賀は5回表、この回先頭の6番・細川 琉羽(2年)が安打で出塁すると、犠打で送り、一死二塁とする。ここで8番・久米がライトの頭上を超える適時三塁打を放ち、1点を返す。なおもチャンスは続いたが、ここは星稜の先発・寺西成騎(2年)が連続三振に切って取り、1点止まりとなった。

 敦賀の反撃を1点で食い止めた星稜は5回裏に相手の守備の乱れからチャンスを作ると、中田と8番・街道 陸(2年)の適時打で2点を追加。6回裏にも中田の右前2点適時打と9番・寺西の中前2点適時打が飛び出し、コールドペースに持ち込んだ。

 敦賀は7回表に細川がライトの頭上を超える本塁打を放って意地を見せたが、その後は三者三振に倒れて、試合終了。10対2の7回コールドで星稜が勝利を収めた。

 7回を投げ切った寺西は全体のアウトの3分の2となる14奪三振を記録。寺西の球を受けた捕手の内山は「真っすぐで空振りが取れました。キレや質が良かったです。」と寺西の投球を振り返った。球速は130㎞/h台後半だったが、打者目線では球速以上にボールが来ていたのだろう。外角のストレートで空振りを量産し、貫禄のある投球を見せていた。入学時から期待の逸材と騒がれて入学しながらも今夏の甲子園では思うような投球を披露できなかった寺西。新チームでこれまでの鬱憤を晴らす活躍をすることができるだろうか。

 チームとしても新チーム始動が全国で最も遅れた中でセンバツ有力となる北信越大会決勝進出にあと1勝と迫った。投手は荻原 吟哉(2年)と寺西の二本柱が健在。野手も昨年から中軸を打つ知田 爽汰(2年)や内山が残っており、林和成監督は「打力は去年よりあるんじゃないですか」と話す。奥川 恭伸山瀬 慎之助の黄金バッテリーが抜けても星稜の強さに陰りはなさそうだ。

(文=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
星稜が初戦快勝!内山壮真ら3学年のドラフト候補が躍動! 【ニュース - 高校野球関連】
内山壮真(星稜)が2ラン!内山を筆頭に23日に登場する20名の逸材たち 【ニュース - 高校野球関連】
第114回 全国制覇の道は絶たれても、未来の一歩へ力強く踏み出そうとしている星稜【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1126回 チームメイト、指揮官が絶賛する秀才型野球選手・内山壮真(星稜)の魅力とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1096回 もっと上手くなれる。経験豊富な巧打の三塁手・知田 爽汰(星稜) 【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
星稜vs佐久長聖【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs星稜【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
星稜 【高校別データ】
敦賀 【高校別データ】
第141回 北信越地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

敦賀お疲れ様けぴぽれ 2019.10.14
先輩かっこよかったあ
敦賀母校へ多賀和宏・55歳 2019.10.13
敦賀、初戦をものにした

昨年、故郷の福井県で元気国体が開催された。
がんばれ敦賀!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る