全国クラスの打撃力で履正社を撃破した海星 投手陣の好投も光る



先発の柴田蓮人(海星)

 強打を前面に押し出して甲子園を制した履正社。その履正社を、海星が投打でねじ伏せる試合展開となった。

 海星の先発は、前の試合に続いて背番号1の柴田 蓮人がマウンドに上がる。ストレートは常時130キロ前後と驚くような球威があるわけでは無いが、緩急の巧さと低めへの制球力が出色で、強打の履正社打線を上手く交わしていく。

 柴田が7回を8安打2失点で投げきると、8回からは背番号11の江越 永輝 がマウンドへ登る。140キロ前後のキレのある直球を軸に、ランナーこそ許すもののホームは踏ませずに2イニングを無失点で切り抜ける。
 この二人のリレーにより、履正社打線をわずか2失点に抑えたのだ。

 投手陣の奮投について海星の加藤慶二監督は、「柴田が上手くかわしてくれて、江越も隙を見せる前に抑えてくれた」と話し、何とか凌ぎきったことにホッとした表情を見せた。



1番・松尾悠一郎(海星)

 そして打線もまた、履正社のエース左腕・清水 大成をノックアウトするなど高い攻撃力を見せる。
 1回に1番・松尾 悠一郎がセンター前ヒットで出塁すると、2番・坂本芽玖理が右中間へのタイムリーツーベースヒットを放って1点を先制。2回にも、2番・坂本、3番・松尾倫の連続タイムリーで追加点を挙げて点差を3点に広げると、海星は5回にも、3本のタイムリーでさらに3点を追加する。
 5回を終えた時点で、得点は6対0。一時は履正社をコールド寸前にまで追い詰めた。

 試合の流れを引き寄せたのは、間違いなく初回の速攻であった。
 1番の松尾はミート力に非常に秀でた打者で、前の試合の7番から2番に打順が変わった坂本も自分の間合いでしっかりスイングが出来ていた。松尾と坂本で挙げたいきなりの先制点があったからこそ、海星は優位に試合を進めることが出来たと言える。

 その他にも海星の打者はバットが振れている打者が非常に多く、甲子園大会後もしっかりと練習を積んできていることを伺わせた。
 甲子園では3回戦で八戸学院光星に敗れ、決して大きな話題を作るまでには至らなかった海星だが、その打撃力は全国でもトップレベルと言っても過言では無い。

 履正社を打ち破った打撃力を前面に出して、このまま頂点へと駆け上がりたい。

(文=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。