2019年09月30日 水戸市民球場

仙台育英vs智辯和歌山

2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

木製バットへの対応力を見せた両チーム 仙台育英が終盤の集中打で4強へ



仙台育英先発・鈴木千寿

 1回戦から3年生が木製バットを使用する智辯和歌山に対して、仙台育英もこの試合から3年生は木製バットを手に打席に立った。
 実は両チームとも練習から木製バットを使用しており、木製バットにもしっかりと対応できている選手が多く見られた。

 前の試合に引き続き、木製バットへの高い対応力を見せたのは黒川 史陽だった。初回に右中間へのツーベースを放つと、第二、第四打席でもセンター前にヒットを弾き返し、この試合は4打数3安打。
 木製バットで打つコツについては「ボールの力を上手く借りて打ち返すイメージ」と表現し、上のステージに向けて手応えを掴んでいる様子を見せる。

 また6回裏には、黒川の後ろを打つ4番・東妻 純平にソロホームランが飛び出す。下半身主導で鋭くコンパクトなスイングが出来ており、力に頼ろうとしない打撃が非常に印象的だった。
 ホームランについては「感触良かったのですが、入るとは思いませんでした。公式戦で木製を使えたことは良い経験でした」と振り返り、次のステージに向けてさらなるレベルアップを誓った。

 黒川や東妻の活躍もあり、6回を終えて2対1とリードを奪った智辯和歌山だったが、終盤に入ると仙台育英打線も力を負けじと力を見せ始める。

 だが同点となった直後の7回、二死三塁とチャンスを作ると9番・水岡 蓮が右中間へタイムリーツーベースを放って同点とすると、さらに二死二塁から1番・中里 光貴がセンター前へタイムリーを放って逆転に成功する。
 二人のタイムリーは、はいずれも3年生で木製バットを使ってのものだった。須江航監督も「対応できている選手も多く、自チームの選手ながら将来が楽しみ」と話すように、手応えを掴んだ選手も非常に多かったのでは無いだろうか。

 リードを奪った仙台育英は、8回からエースの大栄 陽斗がマウンドに登り8、9回を抑える。試合は仙台育英が4対2で勝利し、ベスト4進出を決めた。

(文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯和歌山などが決勝に挑む!東海大甲府なども登場する6日の注目カード 【ニュース - 高校野球関連】
智辯和歌山vs日高【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
2021年世代の「一好投手」から「屈指の投手」へ格上げ。最速152キロ右腕・小園健太(市立和歌山)の凄みのある投球 【ニュース - 高校野球関連】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
第1224回 持ち味は高校生レベルを超えたスピード感あふれるプレー 巧打者・細川凌平(智辯和歌山)が掲げるビジョン 【2020年インタビュー】
第1223回 世代トップクラスの剛腕・小林樹斗(智辯和歌山)は昨夏の米子東戦以上のインパクトのある投球を見せることができるか 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
仙台育英 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る