木製バットへの対応力を見せた両チーム 仙台育英が終盤の集中打で4強へ



仙台育英先発・鈴木千寿

 1回戦から3年生が木製バットを使用する智辯和歌山に対して、仙台育英もこの試合から3年生は木製バットを手に打席に立った。
 実は両チームとも練習から木製バットを使用しており、木製バットにもしっかりと対応できている選手が多く見られた。

 前の試合に引き続き、木製バットへの高い対応力を見せたのは黒川 史陽だった。初回に右中間へのツーベースを放つと、第二、第四打席でもセンター前にヒットを弾き返し、この試合は4打数3安打。
 木製バットで打つコツについては「ボールの力を上手く借りて打ち返すイメージ」と表現し、上のステージに向けて手応えを掴んでいる様子を見せる。

 また6回裏には、黒川の後ろを打つ4番・東妻 純平にソロホームランが飛び出す。下半身主導で鋭くコンパクトなスイングが出来ており、力に頼ろうとしない打撃が非常に印象的だった。
 ホームランについては「感触良かったのですが、入るとは思いませんでした。公式戦で木製を使えたことは良い経験でした」と振り返り、次のステージに向けてさらなるレベルアップを誓った。

 黒川や東妻の活躍もあり、6回を終えて2対1とリードを奪った智辯和歌山だったが、終盤に入ると仙台育英打線も力を負けじと力を見せ始める。

 だが同点となった直後の7回、二死三塁とチャンスを作ると9番・水岡 蓮が右中間へタイムリーツーベースを放って同点とすると、さらに二死二塁から1番・中里 光貴がセンター前へタイムリーを放って逆転に成功する。
 二人のタイムリーは、はいずれも3年生で木製バットを使ってのものだった。須江航監督も「対応できている選手も多く、自チームの選手ながら将来が楽しみ」と話すように、手応えを掴んだ選手も非常に多かったのでは無いだろうか。

 リードを奪った仙台育英は、8回からエースの大栄 陽斗がマウンドに登り8、9回を抑える。試合は仙台育英が4対2で勝利し、ベスト4進出を決めた。

(文=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。