履正社が強力打線が火を噴く!内倉一冴の猛打賞など11安打8得点で快勝!



履正社の得点シーン

 夏の王者・履正社が11安打8得点で中京学院大中京を圧倒した一戦。
 初回に、履正社1番・桃谷 惟吹が初球をレフトスタントに叩き込むホームラン。「思い切り振ったら飛んでいきました。打った瞬間ホームランだと思いました」と手ごたえ十分の打球で先取点をもぎ取る。

 すると続く2回には5番・内倉 一冴の二塁打を皮切りに、3四死球をもらいながら打者10人の猛攻。一挙に5得点を奪って6対0。5回には2点を追加して8対0と履正社ペースで試合を進めていく。

 しかし中京学院大中京も黙っておらず、7回に二死から代打・久保 亮大が四球で歩く。ここで8番・井上 槙士が右中間フェンスギリギリにホームランを放ち、6対2。反撃ムードを出し始めると、9回には小田 康一郎がライトへホームラン。これで8対3として、その後も二死から2人のランナーを出したがここまで。最後はエース・清水 大成が抑えて履正社が8対3で勝利した。

 驚異的な破壊力を見せる履正社中京学院大中京のキャッチャー・藤田 健斗も「ちょっとでも浮いたら打たれる。そんな打線でした」と間近で受けた履正社打線の印象を語ったが、「優勝チームと対戦出来ましたし、楽しめました」と清々しい顔で高校最後の試合の振り返った。
 また中京学院大中京の3年間を振り返って「この仲間との2年半と過ごせて良かった。そして精神的に成長できました」と語った。

 7回途中からマウンドに上がった不後 祐将は、「甘くならないように、単調にならないように気を付けながら投げました。ただ、履正社には良い打者が沢山いるので、そういった選手に対戦出来たのは良かったです」と冷静に試合を振り返った。

 一方で勝利した履正社。この試合、11安打を放ったが、その中で光ったのが5番・内倉だ。
 5打数3安打と唯一の猛打賞で打点も記録。4番・井上 広大に快音はなかったが、その後ろを打つ打者としてきっちり仕事を果たした。

 試合後に話を聞くと、「チームではバッティングの調子はいいので、『いつも通りなら打ち崩せるだろう』と話をしていました。その中で自分も甲子園の時より好調でしたが、いつも通り『ストレートを待つ中で変化球を打つ。逆に追い込まれたら、変化球を待ってストレートはカット。打てればいい』という感覚で打席に入りました」