2019年09月29日 水戸市民球場

履正社vs作新学院

2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

簡単にアウトにならないところが王者の強さ 終盤のビックイニングで作新学院下す



7回にタイムリーを放った桃谷惟吹(履正社)

 「本当にアウトにならない、繋がっていく打線。甘い球を一球で仕留めることがうちに足らなかったところ。それをされた履正社さんが一枚上手だった」

 試合後に小針崇宏監督が語った言葉が履正社打線を象徴していた。
 履正社が6回までに放った安打は3本と決して多くは無かったが、打者の一人ひとりが簡単にアウトにはならず、作新学院の先発・林勇成を粘り強く攻めていた。その6回までの粘り強さが、7回の猛攻を呼んだのである。

 7回裏、履正社は一死満塁から、代打の岡本 一聖が押し出し死球で1点をもぎ取ると、ここから1番・桃谷、2番・池田、3番・小深田による怒濤の3連打で一気に逆転。
 その後も、6番・西川 黎の左中間へ走者一掃のタイムリースリーベースなどで追加点を奪い続けた履正社は7回だけで9得点奪い、そのまま9対2のコールド勝ちで作新学院を下した。

 試合後、作新学院のエースだった林は履正社打線の脅威と自らの力不足を口にし、周囲の和気藹々とした雰囲気とは裏腹に反省しきりだった。
 「自分の実力不足です。履正社はみんななかなかアウトと取らせてもらえず、無失点に抑えててもキツかったですね。体力がありませんでした」
 この試合の結果を、林が今後の野球人生にどのように活かすか楽しみである。



ドラフト候補の井上広大(履正社)

 「調子はよかったので、どこかで点は取れるかなと思ってました」
 履正社の岡田龍生監督は試合を振り返り、打線の好調ぶりを笑顔で称えた。
 引退後に、体重が増えた選手もいることを明かす岡田監督だが、6回までの攻めについても及第点を与えて次戦の選手たちの奮闘にも期待を口にした。

 そしてドラフト候補として名前が挙がる井上 広大も、引退後に体重が増えた一人だ。
 引退前よりも、4キロほど体重が増加したことを恥ずかしげに明かす井上だが、この試合から身体を絞ることの重要性を感じた様子を見せた。

 「体重が増えて強い打球はいくようになりましたが、身体にキレが無くなったように思います。(第1打席のライトへの大飛球も)入ると思ったのですが、伸びなかったですね」

 すでにプロ志望届は提出済みで、ドラフト指名に向けて最後のアピールとなる今大会。最後に意地を見せることが出来るか注目だ。

(文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
全国制覇の入江 大生(作新学院)、8強入りの早川隆久(木更津総合)など16年夏の甲子園を経験したプロ志望の投手たち 【ニュース - 高校野球関連】
履正社、桐生第一...3日、4日に敗退し、選抜が厳しい立場となった有力校たち 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第1017回 いよいよ大阪は準決勝!大阪桐蔭vs履正社、東海大仰星vs山田の勝負のポイントを徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
履正社vs大阪商業大高【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第134回 セカンド送球1.8秒台の強肩!強打の捕手・関本勇輔が大事にしてきた1球の重み【高校野球コラム】
履正社vs星稜【2020年甲子園高校野球交流試合】
履正社vs信太【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1141回 2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会 【2020年インタビュー】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
作新学院 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る