完封リレーで快勝!仙台育英らしさで宇部鴻城を破る!



仙台育英・千葉連

茨城国体(ノーブルホームスタジアム水戸) 9月29日  第二試合

 第一試合から続く入場制限により球場外にも人が溢れる中、第二試合仙台育英宇部鴻城との一戦スタートした。この試合は仙台育英の理想的な展開で試合が進む。

 先発は宇部鴻城・池村健太郎と仙台育英大栄 陽斗の両校背番号1がマウンドに上がる。

 先制したのは3回。仙台育英1番・中里 光貴、2番・宮本 拓実の連続二塁打であっさり先制。

5回にも1番・中里のタイムリーで1点追加し3点リードで後半戦に進む。

 6回には、6番・千葉 蓮の本日二本目の三塁打を放ち、一死3塁から暴投で4点目。8回にも二死1・3塁で暴投により4点目を追加した。

 二本の三塁打を含む3安打2得点と活躍した千葉は、
「今日はボールがよく見れていた。最後の打席(右飛)は欲を出してしまった。ランナーがいる場面で決めたかったので、スリーボールから手を出してしまいました。ここはしっかり反省して、次に生かしたい」
と甲子園後、久々の対外試合だったが、実戦形式の練習の成果でいい状態で臨めていることを感じさせた。明日以降も活躍も期待したい。

また、打撃に関してチームとして
「甲子園でいいピッチャーと多く対戦して、甘い球は一球しかこないということは肌で感じたので、全員で初球から振っていこうということは徹底してやってこれた」
 と、この試合を振り返り甲子園からさらにレベルアップした姿を見せてくれた。

 投げては、仙台育英エース・大栄 陽斗鈴木 千寿伊藤 樹の完封リレーで、宇部鴻城打線をねじ伏せ、4対0で勝利した。

エース・大栄はこの試合で自己最速を146キロに更新し、高校野球生活最後まで成長が止まらない。今後の仙台育英ナインの活躍にも目が離せない。

 仙台育英は、明日第2試合で智辯和歌山と激突する。

(文=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。