2019年09月29日 水戸市民球場

智辯和歌山vs星稜

2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

未来を見据えた中谷采配 黒川史陽が見事に体現



5打数4安打の活躍を見せた黒川史陽(智辯和歌山)

 夏の激闘の再戦、そして将来を見据えた木製バットの使用と、国体は初日の初戦から非常に話題の多い試合となった。

 そんな中、この試合で最も目立ったのは智辯和歌山の3番に座った黒川 史陽だった。
 木製バットの対応も苦にすること無く、5打数4安打1打点と大当たり。
 選抜甲子園までは左肘がグッと深く入っていたことで、インコースが上手く捌けない打撃フォームだったが、その姿は今はもう無い。コースに逆らうこと無く、バットがスムーズに出るのでより確実性の高い打撃が可能になった。

 またこの日驚かされたのは、普段はセカンドに入っている黒川がショートに入り、ショートの守備についている西川 晋太郎がセカンドに入っていることであった。二遊間がこれまでとは入れ替わった形となったが、黒川も西川も危なげなく守備機会をこなす。
 試合後、黒川はこの起用についても、中谷監督の将来を見据えた「親心」があったことを明かした。

 「公式戦では初めてでしたが、この先内野手としてやっていくためにはショートもやっておいた方が良いと中谷監督にアドバイスして頂き、普段から練習でも守っていました。国体の舞台で緊張しましたが、普段通りにできました」

 中谷監督の「将来を見据えた」国体での戦いは、バットだけで無く守備においても現れていた。

 一方の星稜は、ドラフト上位候補の奥川恭伸が先発マウンドに上がる。
 だがこの日は本調子とは程遠い投球で、序盤から智辯和歌山打線に痛打される場面が目立つ。ストレートは140キロ台中盤から後半を記録するが、制球が明らかに甘く、3回に黒川 史陽佐藤 樹にタイムリーを浴びる。

 結局奥川は、3回2/3を投げて被安打6、2失点でマウンドを降りる。奥川らしからぬ最後であったが、それでも試合後は「楽しかった」と笑顔で試合を振り返った。

 「入学した時点でまさかここまで来られるとは思っていませんでした。この悔しさを糧に次のステージで活躍したいと思います」

 試合後にはプロ志望を正式に表明し、プロでの活躍を誓った奥川。10月17日のドラフト会議がまた一段と楽しみになった。

(文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
プロ志望届けを出した速球派右腕など国士舘大学の新入生から7名の逸材をピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
ちょうど1年前の3月30日の選抜甲子園 東邦、明石商、智辯和歌山の3校が順当に8強へ 【ニュース - 高校野球関連】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1126回 チームメイト、指揮官が絶賛する秀才型野球選手・内山壮真(星稜)の魅力とは【前編】 【2020年インタビュー】
第18回 津商業(三重県) 「打倒中京大中京」を掲げ冬を越す!【冬が僕らを強くする2020】
第1096回 もっと上手くなれる。経験豊富な巧打の三塁手・知田 爽汰(星稜) 【2020年インタビュー】
第1014回 各選手の思考力の高さが結果として現れる 星稜高校(石川)【後編】【野球部訪問】
第1013回 代が変わっても強さを維持する星稜のチームマネジメントに迫る!【前編】【野球部訪問】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
星稜 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る