滋賀選抜が初実戦で大学生相手に勝利を飾る



田上友一朗(滋賀学園)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 今年、滋賀県高野連は選抜チームを組み、12月25日から30日までオーストラリア遠征を実施。クイーンズランド州選抜と5試合を戦うことが予定されている。監督はかつて北大津を6度の甲子園に導いた宮崎裕也氏(現・安曇川高教員)が務める。選抜された18選手は以下の通り(学年は全員2年)。

【投手】
池田 駿平八日市
泉 竜成野洲
川端 駿介甲西
小辻 鷹仁瀬田工
田上 友一朗滋賀学園
隼瀬 一樹伊香
山本 季水口
【捕手】
岩田 佑真東大津
景山 透唯立命館守山
北村 龍之介彦根翔西館
【内野手】
大橋 青宙近江兄弟社
長 昂汰水口東)※この日は発熱により欠場
千本 峰久比叡山
土田 龍空近江
日比 達也綾羽
松田 陸光泉
【外野手】
竹島楓斗八幡商
中島 大智彦根東・主将)

 県全体のレベルアップを図る狙いから1校につき、1選手という選考方法になった。その中でも投手は21世紀枠近畿地区推薦校となった伊香のエースである隼瀬に滋賀学園のエース・田上、野手では来年のドラフト候補である近江の土田や立命館守山の近畿大会初出場に大きく貢献した景山、1年秋から光泉の4番に座る松田など投打にバランスの取れた陣容となっている。

 チームとしては7日に初練習、14日に初実戦として龍谷大との練習試合を行った。龍谷大は投手以外が全員1年生という布陣。1番・田中 勇也智辯和歌山出身)、3番・奥田 一聖大阪桐蔭出身)、4番・藤高 祐一郎高知商出身)、5番・茨木 祐哉乙訓出身)と主軸に甲子園経験者が並ぶ豪華なラインナップだ。

 先発を任されたのは田上。制球に苦しみ、いきなり一死一、三塁のピンチを招くが、力のある速球で藤高、茨木をそれぞれ三飛に打ち取り、先制点を許さない。

 田上は2回を無失点に抑えると、3回からは隼瀬が登板。いきなり二塁打を浴びると、犠打と犠飛で先制点を与えてしまう。それでもノビのあるストレートは健在で、奥田と藤高をストレートで三振を奪うなど、力のあるところを見せつけた。