2019年12月07日 高砂市野球場

兵庫県選抜vs関西国際大

2019年 練習試合(交流試合)・秋 強化試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

兵庫県選抜、最大8点差を追いつき、収穫のある引き分けに!



1番に座った来田涼斗(明石商)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 今年、兵庫高野連は選抜チームを組み、12月22日から12月27日にかけて台湾遠征をおこなう。7日、兵庫県選抜は高砂球場で、関西国際大と練習試合を行い、8対8の引き分けとなった。

 まず先発マウンドに登ったのが東田 健臣(西脇工)。左腕ながら140キロを超え、今年の兵庫県を代表する左腕だったが、2回まで8失点を喫し嫌な流れに。東田は左腕から常時130キロ前半・最速136キロの直球、120キロ前半のスライダーを中心に投げ分けて勝負にいったが、甘い球がことごとく打ち返された。東田にとっては悔しい経験になったが、この経験はレベルアップするためにはよい経験だったといえるだろう。

 8点差をつけられ、木製バットでの実戦が慣れていない高校生では厳しい試合展開だったが、兵庫県選抜の打撃陣が素晴らしかった。4回裏、5番・浅川 駿斗(神戸国際大附)、7番・柴田 大成神戸国際大附)の適時打、8番・河村 利毅神港学園)の適時打、1番来田 涼斗明石商)の犠飛で4点を返し、さらに7回裏も5番浅川の適時打で5点目。

 8回表、エース・中森 俊介明石商)が登板。中森はいきなり2三振を奪うと、その裏、9番・上林 直輝神戸弘陵)の安打、1番・来田の死球でチャンスを広げ、代打・坂口 翔颯報徳学園)が左中間を破る適時二塁打で2点を返す。坂口は報徳学園のエースだが、この二塁打は兵庫県選抜の選手の中では最も鋭い当たりで、ベンチにいる選手たちも驚きの表情を見せていた。さらに3番・笠松 拓真神戸国際大附)のレフト前ポテンヒットでついに同点に追いつく。

 そして9回表、中森は三者連続三振を奪う投球。最速148キロの速球と切れ味鋭い変化球を武器にする中森の前に、好投手・東田を打ち込んだ関西国際大打線も手も足も出なかった。

 9回裏、関西国際大の投手陣を攻略できず、8対8の引き分けで試合を終えた。

 本格的にチームを組んだのは数週間前から。ほぼ全員が130キロ以上、130キロ後半を超える投手も登板した関西国際大相手にこの打撃は素晴らしい。 その理由は、選抜チームを組まれる前から、チームとして木製バットの練習に取り組んでいるという。報徳学園神戸国際大附明石商の3チームの選手からは普段から取り組んでいるので、木製バットに対しての違和感はなく、あとは実戦で投手と対戦した時にどう合わせるかを調整するだけだった。ただ打撃はその調整が困難なのだが、多くの選手がインパクトまで素直にバットが出ていて技術力の高さを実感させてくれた。

 台湾遠征までの練習試合は残り1試合。1週間の練習でどこまで成長できるか注目が集まる。

 【投手】
坂口 翔颯報徳学園
野島 勇太神戸弘陵
石澤 拓大育英
中森 俊介明石商
東田 健臣西脇工
山本 颯真(赤穂

【捕手】
上林 直輝神戸弘陵
竜波 駿平長田
【内野手】
太田 薫市立西宮
足立 達希報徳学園
河村 利毅神港学園
笠松 拓真神戸国際大附
柴田 大成神戸国際大附
植本 拓哉明石商
【外野手】
三宅 雄雅報徳学園
浅川 駿斗神戸国際大附
来田 涼斗明石商
前田 衡市川

(取材・写真=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
尽誠学園、18年ぶり7度目のセンバツへ 目指すは31年前の夏ベスト4越え! 【ニュース - 高校野球関連】
世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手ガイドブック 【ニュース - コラム】
第1008回 「冬の野球自由研究」春・そして夏の開花へ 県立城東(徳島)【野球部訪問】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第25回 今年も盛り上がった高校野球!球児が最も見た試合レポートベスト5発表!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1回 近畿の高校野球を沸かせたBIGな話題で振り返る! 2019年近畿地区の3大ニュース【近畿地区の高校野球】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】 【2019年インタビュー】
大手前高松 【高校別データ】
四学大香川西 【高校別データ】
尽誠学園 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・秋 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る