2019年08月24日 千葉県立白井高校グラウンド

都立小岩vs 都立足立西vs 都立雪谷

2019年 練習試合(交流試合)・秋 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

2位の足立西には、ブロッコリーの苗を贈呈

 この日の試合は、前半は都立雪谷松田君、都立足立西永澤君の投手戦という様相だった。3回に都立足立西はセンスの良さが光る神田君の三塁打とスクイズ野選で先制。都立雪谷は4回にすぐに川崎君の二塁打からはじまり中軸の青山君、齋道君の連打や6番中村君の中前打で逆転。さらに、6回にも中軸の連打などで4点。8回にも中村君の三塁打などで4点と突き放した。都立雪谷は松田君が6回、浅川君が3回とつないでいった。浅川君は代わったすぐは制球に苦しんだが8回、9回は無難に投げ切った。

 ところで、都立足立西はこの日の3校の中では19人と一番部員数が少ない。芝英晃監督は、「実は今日は、遅刻者と忘れ物をしてきた者が5人いました。人数が少ないので、それでも使おうかと思っていたら、他の選手たちから『今日は、そいつらは使わないでください。ボクたちだけでやります』と言ってきたので、彼らはベンチに入れずに戦いました」と、少人数でも選手たちが「まぁ、いいじゃないか」と安易になぁなぁな態度にならず、ルールを守れなかった仲間に対しては厳しくしていくという姿勢を貫いてくれたことを喜んでいた。

 試合としては、3試合目の最後に劇的なシーンが待っていた。
 都立小岩都立雪谷は8回まで2対2という接戦となっていた。都立小岩は初回に二死走者なしから左前打で出た地下(じげ)君を高草君が左越二塁打で帰して先制。

 5回には都立雪谷がスクイズで追いついたかに思えたが、滑り込んできた三走が本塁ベースに触れていないと堀田君が冷静にアピール。これが認められた。このあたりは、日頃のミーテングなどの成果でもあろう。しかし、二死二塁となったところで、2番後藤俊太君が意地で左前打して同点とした。このあたりの粘りは見事だった。さらに、6回はスクイズで都立雪谷がリードを奪うと、都立小岩は7回、2人目の鹿野君から真中君のタイムリーなど3安打して同点。好勝負となっていった。

 そして9回、鹿野君が都立小岩の攻撃を2人できっちりと終わらせると、その裏の都立雪谷。途中から3番に入っていた齋道君が、94mあるという左翼策越えの本塁打。劇的なサヨナラとなった。展開が展開だっただけに、この一打では、まるで大会で勝ったかのように都立雪谷ベンチから選手が全員飛び出してきて歓喜の輪となった。齋道君に確認したら、これで通算3本目の本塁打ということである。すると、マネージャーから、「もっと打っている人がいますよ」と、7本打っているという青山君を紹介してくれた。二人は都立足立西との試合でも相次いで連打して得点を挙げていたコンビである。都立雪谷の中軸のパンチ力を改めて認識させられた。

 都立雪谷の芝浩晃監督は、「やはり、こういう勝ち方はいいですよ。これで、親戚カップは一昨年に次いで2回目の優勝ですね」と、劇的な勝利を喜んでいた。こういう場面で打てる勝負強さは、やはり評価していいであろう。この春から、元阪神などで活躍していた伊達昌司助監督が異動してきて、江戸川時代以来再び芝浩晃監督とコンビを組むことになった。伊達助監督の指導で投手力は、確実にアップしている。秋も、都立雪谷の赤は強烈なインパクトを残しそうな雰囲気は十分だった。

 都立小岩は、西監督が「基本的には継投なので、今はそのパターンをいろいろ試している」ということで、1試合目と同じ流れで、渡部君が3イニング、次に期待しているという左腕森君、そして最後に鎌田君というパターンを確立していこうとしている。1年生の鎌田君はスリークォーターからのスライダーは癖があって2イングで4三振を奪うなど、打ち難いぞという印象を与えていたが、最後に齋道君に一発を浴びた。決して失投でもないと思えるだけに、ここは打った齋道君を称えておいていいであろう。

(取材・写真=手束 仁


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
練習試合(交流戦)・秋 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る