2019年08月24日 東海大相模グランド

東海大相模vs東海大菅生

2019年 練習試合(交流試合)・秋 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

新倉が7回1失点の好投!東海大菅生が練習試合で東海大相模と対戦



先発の新倉寛之(東海大菅生)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

夏の大会で西東京ベスト4だった東海大菅生の新チームに迫る!

 8月24日東海大相模グランドにて、東海大菅生は東海大相模との練習試合に臨んだ。「東海対決」が実現した春季関東地区大会の決勝では、惜しくも東海大相模に優勝を譲った東海大菅生だが、新チームでも系列校同士で高いレベルで互いの実力を測り合った。

 まず先制点を挙げたのは東海大菅生だった。4回裏、ランナーを一人を置いた場面で7番・千田光一郎が打席に入ると、東海大相模の先発・諸隈 惟大の甘く入った直球を捉え、ツーランホームランを放って2点を先制する。

 東海大菅生は先発のサウスポー・新倉 寛之の好投もあり、6回まで2対0とリードする展開するが、試合が終盤に入ると東海大相模打線も徐々に力を見せ始める。
 7回表に、無死二塁から小平直道のタイムリーツーベースで1点を返すと、8回表にも山村 崇嘉のタイムリーツーベースなど3本のタイムリーを浴びせて、一気に4点を奪う猛攻を見せる。
 9回にもさらに2点を追加した東海大相模は、そのまま7対3で逃げ切り東海大菅生を下した。



タイムリーツーベースを放った山村崇嘉(東海大菅生)

 敗れた東海大菅生だが、収穫も多くある。
 先制のホームランを放った千田は、7番打者ながら非常に力を持った選手だ。東海大相模の主力投手として、この夏も神奈川大会で投げ続けた諸隈からの本塁打は、大きな自信となっただろう。

 また先発の新倉も、秋季大会に向けて上々のピッチングを見せた。
 強打の東海大相模打線を相手に7回1失点に抑え、先発の役割をしっかりと果たす。キレのある直球と、精度の高いスライダーを軸にした投球は、秋季大会でも猛威を奮いそうだ。

 そして新倉は試合後、秋季大会に向けて意気込みを力強く口にした。
 「去年も準優勝で終わっているので、絶対秋に優勝して選抜に出たいと思います」

 秋季東京都大会一次予選は、9月7日からスタートする予定だ。新生・東海大菅生の戦いぶりに注目だ。

(取材・写真=栗崎 祐太朗)


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大菅生・若林監督が選手たちに「吉田松陰の生き様」を伝えた理由。 【ニュース - 高校野球関連】
朝ドラで話題沸騰の「紺碧の空」 高校野球でも耳にする大学野球界の応援歌の鉄板曲を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の西東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大菅生vs東海大高輪台【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・秋 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

東海大菅生神宮目指して再始動菅生が1番 2019.08.25
久我山に惜敗して3年が抜けた菅生の現在は、全国制覇という目標は心の中にあれど、まずは目指せ神宮球場である。実力が昨年とは比較にならないだろうから、粘り強く戦い続けるべきである。今は菅生らしさの堅守に磨きをかけて、とにかく全員野球。エラーやフォアボールといったミスをとにかく減らすこと。組み合わせには恵まれないことも想定内。打力も水もの。期待値は低くても、とにかく粘り強く戦い抜くこと。最後まで諦めない戦いを期待する。頑張れ菅生!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る