2019年09月01日 Dream Ballpark

侍ジャパンU-18代表vsアメリカ代表

2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ Bグループ リーグ戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

なぜ日本はアメリカ相手に16得点を奪えたのか?理由は首脳陣の技術的、戦術的アプローチにあり!



勝利に喜びを見せる侍ジャパンU-18代表

【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 9月1日、 2019年 第29回 WBSC U-18ワールドカップ3日目。日本vsアメリカの一戦は16対7で日本が勝利し、歴史的な勝利となった。

 ワールドカップ4連覇中で、国際大会21連勝中のアメリカの連勝を止めただけではない。対アメリカ戦得失点差9、対アメリカ戦16得点は歴代最多。あわやコールド勝ちも狙える戦いぶりだった。

 今年のチームは投手陣は史上最強と評される一方で、打力が課題といわれていた。初戦のスペイン戦では7回まで被安打2、無得点に抑えられていた打線は日に日に成長し、140キロ~150キロ前後の投手を揃えたアメリカ投手陣から12安打16得点。驚異的な成長ぶりである。

 なぜ16得点を奪うことができたのか。それは首脳陣をはじめとしたいろいろなアプローチがあった。

 まず技術的なアプローチでは、永田監督が1番森 敬斗桐蔭学園)に構え遅れを意識させた。 スピードに対応できるために構えの修正と、「芯に当てていけば、勝手に飛んでいくから」とアドバイスした。もともと代表選手の中でも強いスイングができる森だったが、オーバースイング気味で無駄があった。意識させ改めれば、アメリカの投手陣を対応できる打撃力は持っていたのだ。 森は永田監督のアドバイス通り、いきなり146キロのストレートをとらえ、ライト越えの三塁打を放つ。

 そして4番石川 昂弥も、142キロのストレートをとらえライト線を破る同点適時二塁打を放った。森だけではなく、合宿が始まってから永田監督をはじめとしたスタッフ陣が選手たちにワンポイントアドバイスを行い、修正を重ねながら打撃の状態を上げていった。

 次に作戦面の指示も大きかった。分析担当コーチの島田達二氏(高知高校前監督)を中心にアメリカを徹底分析。今年のアメリカ代表は速球投手が多いが、チーム内では速球を打ち返すために研究を重ねた。そこで撮影したビデオを見ながら、配球の傾向をまとめ、速球が多くなる場面を割り出した。

 その指示通り、選手は迷いなくストレートを振りぬき、そしてきわどい球を見逃し、チャンスを拡大させ、ここぞという場面で狙い球を絞って次々と点を重ねていった。

 続いて投手起用について。永田監督は小刻みに継投策を行うことは想定通りだった。2回3奪三振1失点の力投を見せた先発・林優樹(近江)について永田監督は「しっかりと仕事をした」と称え、計5投手のリレーで逃げ切った。

 まさに戦略勝ちで侍ジャパンU-18代表にとっては大きく自信をつける1勝となった。次のチャイニーズタイペイ戦で勝利を挙げれば、スーパーラウンド進出が決定するだけに戦略勝ちといえる試合運びを見せていきたいところだ。

1回からの試合の振り返りはこちらから
高校日本代表が2大会ぶりにアメリカ代表から白星!リーグ戦3連勝を飾る!

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る