2019年08月31日 Dream BallparkⅡ

侍ジャパンU-18代表vs南アフリカ代表

2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ Bグループ リーグ戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

世界は二刀流がトレンド。西純矢は今年の日本を代表する二刀流だ



2本の本塁打を放ち、打者として活躍した西純矢(創志学園)

【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 8月31日、第29回WBSC U-18ワールドカップ2日目。侍ジャパンU-18代表の第2戦は南アフリカと対戦。初回から打線がつながり、15安打19得点の猛攻で、6回コールド勝ち。2連勝を飾った。9月1日はアメリカと対戦する。

 この試合のポイントは、7番DH・西 純矢創志学園)の起用だ。打順を組み替え、さらに先発はここまで登板がなかった浅田 将汰有明)を起用を決め、最後は指名打者の選択だった。西を選んだ意図について永田監督は次のように語る。

「投手の中で長打力が一番あるということ。さらに、西は投手としても野手としても活躍してもらいたいので、その試合勘を取り戻すにも野手としての出場を考えました」

 その思惑は見事に当たった。1回表、熊田 任洋東邦)の2点適時打で先制し、2回表にも武岡 龍世八戸学院光星)の犠飛で着実に点を重ねた侍ジャパンU-18代表。3回表、無死一、三塁の場面で西の第2打席目を迎えた。西は角度の良い左犠飛を放ち、3点目。これで勢いに乗った西は第3打席。二死一、三塁の場面で、外角のスライダーを思い切り引っ張って、レフトスタンドへ消える3ランを放つ。さらに西は第4打席でも満塁の場面で三遊間を破る左前適時打。第5打席は左翼線へ運ぶ2ラン。5打数4安打8打点の活躍と、現時点で大会トップの本塁打、最多打点となった。

 西は大会前、木製バットの対応について、「金属は詰まってでも飛ぶんですけど、木製バットはしっかりと形を意識して強く振らないと飛ばない」と語るが、分っていても木製バットで打球を飛ばすのは難しい。それでも木製バットで飛ばす西の野球センスはずば抜けている。

 永田監督は「二刀流」こそ世界のトレンドと語る。だから侍ジャパンにもそういう選手を求めていた。
「今、強豪国を見れば分かると思うんですけど、ほとんどの国が二刀流じゃないですか。だからチームとしてはありがたいですよね」

 永田監督の期待に応えた西。これから投手としての活躍も期待されるだろう。次のアメリカ戦。総力戦で戦わなければ、勝てない相手に今回の1勝、西の大爆発は非常に大きい。

1イニングごとの振り返りはこちらから
西純矢が8打点の大爆発!19得点を奪い高校日本代表が連勝!

登板投手の成績・球速・スタメンは以下より

【登板投手】
浅田 将汰有明)最速142キロ 5回8奪三振無失点
林 優樹近江)最速126キロ 1回1奪三振無失点

【スタメン】
1番センター・森 敬斗桐蔭学園
2番ライト・武岡 龍世八戸学院光星
3番ファースト・韮沢 雄也花咲徳栄
4番サード・石川 昂弥東邦
5番レフト・遠藤 成東海大相模
6番ショート・熊田 任洋東邦
7番DH・西 純矢創志学園
8番セカンド・坂下 翔馬智辯学園
9番キャッチャー・水上 桂明石商
先発・浅田 将汰有明

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る