2019年08月16日 東京ドーム

世田谷西シニアvs八王子シニア

ジャイアンツカップ2019 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

試合巧者・世田谷西シニアが10年ぶりの決勝へ 八王子シニアは高い能力見せるも及ばず



得点を挙げる東練馬シニア

 前日に悪天候のため試合途中で中止となり、この日は「特別継続試合」として再開された世田谷西シニアと八王子シニアの第1試合。4対1と世田谷西が3点リードで、3回裏の無死一、二塁の状態から再開されたが、前日に続いて世田谷西シニアが力を見せる展開となる。

 この試合で、最も目立つ存在となったが世田谷西シニアの4番・浅倉大聖だった。
4回表、一死一、二塁の場面からライト前へのタイムリーヒットを放って追加点を挙げると、さらに6回には「変化球を狙っていた」と話すライトスタンド中段へ飛び込む本塁打を放つ。4番が仕事をしっかりと果たし、世田谷西シニアは試合の主導権をガッチリと掴んだ。

 また世田谷西シニアは、投げても背番号1の田上遼平が粘りの好投を見せる。
 始めての東京ドームのマウンドに気持ちが高ぶり、3回裏の再開直後には力みから1点を失ったが、その後は精度の高いコントロールと多彩な変化球を武器に八王子シニア打線を翻弄し、スコアボードに「0」を並べていく。


敗れるも鋭いスイングで能力の高さを感じさせた八王子シニアの増尾己波

 結局試合は、9対2で世田谷西シニアが勝利し、2009年以来10年ぶりの決勝進出を決めた。

 八王子シニアも2番の増尾己波や3番の井坪陽生など、選手たちは能力の高さを随所で見せたが、世田谷西シニアの総合力の高さに屈した。

 タイムリーにホームランにと大活躍を見せた浅倉だが、試合後にはすでに気持ちは明日の決勝に向いており、気を引き締めた表情で意気込みを語った。

 「今日打てたからと言って明日打てるとは限らないので、明日も謙虚に打席に入って、今日のことは忘れて、その結果がヒットや長打に繋がればいいなと思います」

 ジャイアンツカップ2019もいよいよ大詰めだ。決勝は、17日に東京ドームにて午後2時開始の巨人戦終了後に開始される予定だ。

(文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
世田谷西シニアが東練馬シニアを破り10年ぶり2度目の優勝 決勝をレポート!【ジャイアンツカップ】 【ニュース - 中学野球関連】
世田谷西シニアが10年ぶり2度目の優勝 富塚が値千金のツーラン【ジャイアンツカップ】 【ニュース - 中学野球関連】
第845回 リトルシニア屈指のリードオフマン・内囿光人(世田谷西リトルシニア)が見据える高校野球とは?! 【2018年インタビュー】
第843回 「高校でも最低1回は全国制覇をしたい」リトルシニア全国制覇のエース・池本琳(世田谷西リトルシニア) 【2018年インタビュー】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る